JR京葉線「南船橋駅」の南口の,広大な船橋市市有地(4.5ha)の開発が始まる。首都圏の駅前で,未開発の貴重な土地となる。
▼現在のJR京葉線「南船橋駅」南口。
20200823_1308_JR南船橋駅南口市有地活用_DSC00299W
かつてここには,船橋市立若松小学校と若松中学校があったが,京葉線と国道357号,東関東自動車道(E51)の建設のために,さらに埋め立てられた東京湾側へ移転させられた。
▼1969年(昭和44年)ごろの前の船橋市立若松中学校
20081206_船橋市若松_若松中学校_1134_DSC03150W
その後,千葉県水道局船橋水道事務所が利用していたが,こちらも京葉食品コンビナート地域へ移転した。
▼1992年(平成4年)ごろの現在の船橋市立若松中学校(右)と船橋市立若松小学校(左)。
20081206_船橋市若松_若松中学校_1140_DSC03189W
長らく放置されていた広大な空き地だったが,ようやく千葉県企業庁がUR賃貸住宅若松団地(一部分譲住宅あり)の再構築と合わせて大規模開発の調整を始めていた。しかしながら,まとめ上げる前に千葉県企業庁は解体されることになる。
20200328_2000_JR南船橋駅南口市有地活用_114W
広大な空き地は,千葉県企業庁からへインフラ整備などを船橋市がおこなうことを条件に,2013年10月に船橋市へ無償譲渡されていた。この市有地の開発はプロポーザル方式で公募され,三井不動産グループの提案が 898点で選定され,2位のグループの 657点を大きく引き離して採用された。
20200328_2000_JR南船橋駅南口市有地活用_船橋市より_214W
2位のグループは非公表だが,船橋市新船橋駅東地区再開発事業(プラウド船橋やイオン系マックスバリュ新船橋店を開発)をおこなった,三菱地所×野村不動産共同体グループだろうか。
20060409_1115_JR南船橋駅南口市有地活用_DSC06421W
三井不動産グループの提案は,「まちの庭」をコンセプトとして「住む人・働く人・訪れる人にとって自分の居場所(庭)と思ってもらえるとする」とした。
20110213_0929_JR南船橋駅南口市有地活用_DSC05864W
三井不動産グループ傘下には,ショッピングモールで定評のある「三井不動産商業マネジメント株式会社」を持ち,「ららぽーとTOKYO-BAY」などを運営する。
20050122_1514_JR南船橋駅南口市有地活用_DSC04463W
また,ホテルなどを開発運営する「株式会社三井不動産ホテルマネジメント」,マンション開発販売をおこなう「三井不動産レジデンシャル株式会社」がある。今回の開発地域とは関係はないが,近くには「三井不動産ロジスティクスリートマネジメント株式会社」による巨大な倉庫を開発運営をしている。
20091031_0913_JR南船橋駅南口市有地活用_DSC04629W
開発にあたり,特例として容積率は200%から400%までに緩和され(建ぺい率60%の緩和はされていない),高さ制限も31mから45mに緩和された。これにより,20階建てレベルのマンションも構築できる。
20110213_0927_JR南船橋駅南口市有地活用_DSC05855W
今後計画は,2020年度中に都市計画の手続きを千葉県におこない。並行して道路などのインフラ整備設計をおこなう。2021年度以降に街区ごとの開発が行われる。船橋市は,インフラ整備などに約50億円を投入する。
20100418_1324_JR南船橋駅南口市有地活用_DSC02199W