日本の,少子化高齢化が止まらない.
20080725_ふなばし市民まつり_めいどいんふなばし_1330_DSC0212520080725_ふなばし市民まつり_めいどいんふなばし_1330_DSC02124
15歳未満の子どもの総人口に占める割合は,2000年で 14.6% だったものが,東京オリンピックの 2020年の推定人口割合は 11.7% まで低下する. また,65歳以上の高齢者の総人口に占める割合は,2000年で 17.5% だったものが 2020年で 29.1% となる.
20120721_船橋市_ふなばし市民まつり_1039_DSC0355520120721_船橋市_ふなばし市民まつり_1039_DSC03552
このような少子化の流れの中,子育て世代の家庭にはなくてはならなくなったものが冷凍食品だ. 冷凍食品市場のうち約3割が弁当関連が占める.
20081016_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1918_DSC0544220081016_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1918_DSC05443
また,冷凍食品になかなか手を出さなかった高齢世代(シニア世代)においても,電子レンジだけで調理できる手軽さから消費が増えている. 2人または1人分のおかずをつくると,どうても栄養がかたよってしまう. 少量でも多品種作れる冷凍食品は,栄養バランスの点でも優れている.
20120721_船橋市高瀬町_京葉食品区品コンビナート_1036_DSC03529E20060722_船橋市民まつり_船橋会場メイドイン船橋_1047_DSC01318T
その冷凍食品を作っている事業所が船橋にある. 船橋市日の出2丁目ニチレイフーズ船橋工場(日本冷蔵)だ. 船橋工場は,1961年(昭和36年)に創業し 50年以上の歴史を持つ.
20060722_船橋市民まつり_船橋会場メイドイン船橋_1047_DSC0132520060722_船橋市民まつり_船橋会場メイドイン船橋_1056_DSC01384F
国内最大級の京葉食品コンビナートには,コンビニ弁当,惣菜加工,食品加工,食肉加工,外食用食材,コーヒー,ビール,など 30社ほどが工場を構える. 京葉食品コンビナート全体では,日中 5000人,夜間 1000人を超える就労人口を抱える. 船橋市内で働く就労者の4割弱が食品関係の事業所で働いている.
20140613_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1030_DSC0502820140613_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_0907_DSC04832
ニチレイフーズ船橋工場では,主にえびピラフや本格炒め炒飯,焼きおにぎりなど,米を使った製品を生産している. 年間約 1.5万トンも作っており,ピラフ,炒飯類では全国 13% のシェアをもっている. ニチレイフーズ船橋工場には,常時 460名ほどが働いている.
20140605_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_0749_DSC0375420140613_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1033_DSC05035
子育て世代高齢者世代(シニア世代)の需要増を踏まえ,ニチレイフーズは家庭用冷凍食品の国内生産体制の強化する.
20081018_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1340_DSC05654T20081018_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1338_DSC05645
そのひとつが,船橋市高瀬町に立ち上げたニチレイフーズ船橋第二工場だ...
.
場所は,1984年(昭和59年)3月から操業し, 2011年7月末で閉鎖していた伊藤ハム船橋工場跡地となる.
20140426_船橋市高瀬町_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1619_DSC0643220140426_船橋市高瀬町_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1619_DSC06431
伊藤ハムは,千葉県柏市の伊藤ハム東京工場で使用した地下水(2号井戸)から水道法上の基準値を超すシアン化合物を検出した問題で,同工場で製造したソーセージやピザなど13品目,167万個を自主回収し,経営が悪化していた. 柏市は,市内36箇所の井戸水を検査したが,シアンは検出されなかったことなどから再検査したところ,伊藤ハムの不適切な塩素処理によって,自ら井戸を汚染していたことがわかっている.
20140426_船橋市高瀬町_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1619_DSC0643320140426_船橋市高瀬町_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1619_DSC06435
このようなこともあり,伊藤ハムは新中期経営計画 CNV2015 を制定. グループ全体で14カ所ある生産拠点を整理統合し,北海道,東北,関東,中部,関西,九州の6拠点体制に集約する. そのようなことなどから,伊藤ハム船橋工場も閉鎖した. 当時の従業員数は229名だった. 土地の売却額は約 36億円とみられるが,生産設備設備の除却や希望退職者処理でほぼゼロとなっている.
20140426_船橋市高瀬町_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1620_DSC0643920140426_船橋市高瀬町_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1620_DSC06440
一方ニチレイフーズは,堅調な冷凍食品を背景に,調理冷凍食品工場を強化する. ニチレイの新中期経営計画 RISING 2015 (2013年-2015年)では,3年間で302億円を投資し,国内冷凍食品ナンバーワン企業の地位を確立する.
20140426_船橋市高瀬町_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1620_DSC0644220140605_船橋市高瀬町_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_0612_b2
ニチレイフーズは,船橋第二工場(敷地面積:約3万3000m2)の土地代ならびに工場建設(延床面積約5600m2)費など投資金額:約55億円を投資し2014年3月から操業を始めた. 家庭用冷凍食品として,お弁当用,惣菜用商品などを,最先端の生産設備を導入し,約250名の従業員で年間:約 9000t を生産する.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2013年06月15日)フードバーゲン2013初夏@船橋市高瀬町京葉食品コンビナート
(2012年06月15日)フードバーゲン2012初夏@船橋市高瀬町京葉食品コンビナート