JR東日本の山手線(やまのてせん)は,首都東京を支える環状型の路線だ. 駅数は 17駅だが,田端駅-品川駅間(東北本線+東海道本線)を含めると 29 駅となる. ラインカラーはウグイス色(国鉄黄緑6号),路線距離 34.5km,品川駅を起点として新宿池袋方面が外回り,品川駅を起点として東京上野方面が内回り,一周約64分となっている.
20140423_JR東日本_首都圏_路線ネットワーク_01020140423_JR東日本_首都圏_路線ネットワーク_022
日本は世界的にみても鉄道王国で,1日平均乗降客数の上位23位までを日本の駅が独占する. 山手線は,世界で一番乗降客の多い路線となっている. その29駅中,もっとも多い1日平均乗降客数ベスト5の駅(2012年)は,新宿駅(149万人),池袋駅(110万人),渋谷駅(82万人),東京駅(80万人),品川駅(66万人)となっている.
20140423_東京都千代田区外神田1_JR秋葉原駅_1751_DSC0588720140423_東京都千代田区外神田1_JR秋葉原駅_1752_DSC05894
だが,上位3駅の新宿駅,池袋駅,渋谷駅は少しずつ減少している. 2007年比の増加率ベスト5でみると,日暮里駅(123%),大崎駅(120%),新大久保駅(115%),秋葉原駅(108%),田端駅(104%)となっている. 日暮里駅が増えているのは日暮里舎人ライナーの利用客数が増えたため,秋葉原駅つくばエクスプレスの利用客数が増えたためだ.
20140423_東京都千代田区外神田1_JR秋葉原駅_1709_DSC0582020140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1706_DSC05785
秋葉原駅周辺は,戦後のヤミ市からラジオ部品の街となり,家電の街,パソコンの街へと変化し,現在はオタク文化の聖地として国内ばかりか海外からも多くの人々が訪れる街となっている. その秋葉原(あきはばら)のメイン通りの南側には,神田川に架かる万世橋がある. 万世橋は,秋葉原や神田の街の変化を長年みつめてきた.
20140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1706_DSC0578420140423_東京都神田_秋葉原_神田万世橋_1707_DSC05799
水運(海上交通)が盛んだった江戸時代,神田川ぞいの外神田周辺は米問屋や青物(野菜)問屋などが数多くあった. 鉄道の時代になってからは,現在のヨドバシカメラとと駅前ロータリー(旧,秋葉原貨物駅)のあたりには,大きな船溜りが作られ,東北地方から貨物列車で運ばれてきた米や穀物などを,ここで小さな船に載せ替え,川や運河を使って各街の問屋に運んでいた.
20140423_東京都神田_秋葉原_神田万世橋_1708_DSC0580520140423_東京都神田_秋葉原_神田万世橋_1708_DSC05808
1872年(明治5年).新橋駅(汐留)-横浜駅(桜木町)間で汽車が走ったのが,日本の鉄道営業の始まりだ. 速度は約 33km/h で,所要時間は約 53分だった. 続いて,1883年(明治16年)7月上野駅-熊谷駅間が開業. 1885年(明治18年)3月,品川駅-渋谷駅-新宿駅-板橋駅-赤羽駅間が開業と,関東圏の鉄道はつぎつぎに開業されていく.
20140422_東京高速鉄道計画路線図_02820140422_東京高速鉄道計画路線図_016
1890年(明治23年)11月,上野駅-秋葉原駅間の貨物専用線が開通し秋葉原駅が開業する. 当時は,船から荷揚げされた荷物を貨物列車に積みなおすための駅だった.
1912年_明治45年_東京神田_万世橋駅_1221912年_明治45年_東京神田_甲武鉄道_御茶ノ水_082
そして,1889年(明治22年)4月に立川駅-新宿駅間を開通させた甲武鉄道(私鉄)は,1912年(明治45年)4月新宿駅-万世橋駅間を開通させた.
1919年_大正08年_万世橋駅_関東大震災_1241919年_大正08年_万世橋駅_関東大震災_126
初代万世橋駅は,東京駅と同じ辰野金吾(たつのきんご)による設計で,赤レンガ造りの豪華な造りとなっていた. 当時,東京駅はまだできておらず,路面電車の接続駅となっていた万世橋駅は,日本一の乗客数を誇っていた.
1919年_大正08年_東京神田_万世橋駅_2121919年_大正08年_東京神田_万世橋駅_220
1914年(大正3年)12月東京駅が開業し,1919年(大正8年)3月万世橋駅東京駅間が開通,中央本線の始発ターミナル駅の機能は東京駅に移った.
1919年_大正08年_東京神田_万世橋駅_252_DSC057791919年_大正08年_東京神田_万世橋駅_270_DSC05778
1925年(大正14年)11月,上野駅-神田駅間が完成し,秋葉原駅は旅客駅となる.
20140422_東京神田_万世橋駅_17220140422_東京神田_万世橋駅_132
東京駅神田駅が開業したことにより,万世橋駅乗客数は年々減っていく.
1923年_大正12年_万世橋駅_関東大震災_0291923年_大正12年_万世橋駅_関東大震災_012
1923年(大正12年)9月1日の関東大震災(大正関東地震/M7.9)で,駅舎は焼失してしまった. 1925年(大正14年)11月神田駅-上野駅間が開業して山手線は環状化する. その後,万世橋駅の駅舎は再建されたが,1943年(昭和18年)役目を終えて廃駅となる.
1923年_大正12年_万世橋駅_関東大震災_0921923年_大正12年_万世橋駅_関東大震災_152
そして,万世橋駅の基礎を流用して交通博物館が造られた. だが,老朽化のために,ファンに惜しまれつつ2006年5月14日をもって70年の歴史の幕を閉じた. 新しい交通博物館は,さいたま市にに移転している.
20060514_東京都神田_交通博物館_01220060514_東京都神田_交通博物館_020
その後,ここは,どのようになったのだろうか...
.

20140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1708_DSC0580720140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1708_DSC05814
地上20階(塔屋2階)建てのJR神田万世橋ビルが建設され,2013年1月に完成(竣工)していた. さらに,旧万世橋駅遺構を整備し,新商業施設のmAAch ecute(マーチエキュート)神田万世橋として2013年9月14日に開業した.
20140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1708_DSC0581020140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1708_DSC05815
20140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1703_DSC0577120140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1703_DSC05770
20140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1701_DSC0576120140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1703_DSC05766
神田川ぞいには親水デッキが新たに設けられた.
20140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1707_DSC0579620140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1706_DSC05790
20140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1706_DSC0578920140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1706_DSC05788
20140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1705_DSC0578020140423_東京都神田_マーチエキュート神田万世橋_1707_DSC05793
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年03月05日)鉄道のミライ@みどりの窓口をつぎつぎに閉鎖している件(6)
(2014年03月05日)鉄道のミライ@東京メトロ西船橋駅リニューアル工事編(5)
(2013年12月01日)鉄道のミライ@JR東船橋駅のエキナカATM設置編(4)
(2013年12月01日)鉄道のミライ@JR南船橋駅のエキナカATM設置編(3)
(2013年11月28日)鉄道のミライ@東武野田線船橋駅ホーム編(2)
(2013年11月26日)鉄道のミライ@東京メトロ西船橋駅リニューアル工事編(1)
(2013年07月26日)エレベータ設置@西船橋駅南口(3)
(2012年11月14日)エレベータ設置@西船橋駅南口(2)
(2012年10月26日)エレベータ設置@東武野田線新船橋駅(1)