京成本線国府台駅から南側に50m ほどの江戸川ぞいの場所に大きな関所があった. それが,小岩市川関所(市川御番所)だ. 全国に21カ所あった重要関所のひとつとなっていた.
1834年_江戸名所図会_市川関所_01020120331_市川_小岩_成田街道_渡し_番所_018
関所(番所)は,幕府がおかれた江戸を守るために検問(監視)をおこなっていた場所で,鉄砲持ち込みによる反乱(テロ)防止や,各藩の大名家族の女性などが逃げ出さないよう,厳しい取り締まりをおこなっていた. 一般庶民の女性になりすまして通過することも考えられたため,女性の旅自体も厳しく制限されていた. この検問の仕事を,「入り鉄砲に出女(でおんな)」と言われていた.
1872年_小岩市川関所_市川番所_1121896年_小岩市川関所_市川番所_112
江戸幕府は,各大名を統制するために,「武家諸法度」や「参勤交代制度」をおこなう. 武家諸法度」によって新たな城は造れなくなり,大名家同士での結婚も許可が必要だった. また,「参勤交代制度」によって大名(武家)の妻子を江戸藩邸に住ませ,幕府の人質としていた. 大名の家族の女性が,「だまって江戸から自国へ逃げ帰える」ことは幕府への反乱行為とみなされた.
1928年_下総国_国府_根本_1161961年_山崎製パン_ヤマザキパン_110
小岩市川関所(市川御番所)は,江戸川(太日川)をはさんで小岩側(伊予田村,現東京都)と市川側(現,千葉県)にあった. 小岩側は,佐倉道水戸佐倉道(岩槻道)との合流地点となっていて,市川側は佐倉道(成田街道)と利根川からの木下道(下総鮮魚街道)との交差路となり陸上交通の要所となっていた.
1974年_山崎製パン_ヤマザキパン_11220120511_ヤマザキパン中央研究所兼研修センタ_010
当時の江戸川の水量は,いまほど多くなく川幅も広くなかっので,木造の橋を架けることもできたが,水上交通として帆船を通さないといけなかったことと,防衛上問題から橋は架けられていなかった.
20150330_小岩市川関所_市川御番所_江戸川_14220100410_ヤマザキパン中央研究所兼研修センタ_1104_DSC00841
小岩と市川の間を「小岩市川の渡し」として渡し舟が行き来し,常時2-3艘の船を,20人前後の船頭や人夫で運行してていた. 関所付近は「御番所町」とよばれ,旅籠屋(はたごや)や掛茶屋(かけぢゃや),あめ屋,豆腐屋,ぬか屋などが立ち並んで活気ある街道筋となっていた.
20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1337_DSC0227720170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1337_DSC02278T
幕末の1862年(文久2年)には参勤交代が緩和されて1年ごとから3年に一度になり,大名の妻と子どもの帰国も自由となる(出女の廃止). 1863年(文久3年)には,関所手形が簡略化され実質上のフリーパス状態となる. 1868年(慶応4年)各藩の口留番所が廃止され,1869年(明治2年)には「関所廃止令」が出され,全ての関所は廃止される. そして,江戸幕府と武士の時代が終了,新しい明治政府による天皇親政体制へと転換する.
20120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1502_DSC0066920120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1157_DSC00229T
1894年(明治27年)7月,総武鉄道の市川駅-佐倉駅間が開業,1894年12月には江戸川の鉄橋が完成(京成電鉄の江戸川橋は1905年完成)して本所駅(現在の錦糸町駅)までが開通すると,市川の繁華街は御番所町から市川駅前に移ってくる.
20100410_ヤマザキパン中央研究所兼研修センタ_1104_DSC0084320100410_ヤマザキパン中央研究所兼研修センタ_1104_DSC00845
時代はかわり,太平洋戦争(第二次世界大戦)の空襲や労働者不足から日本は荒廃し,工業や農業などの生産力は大幅に低下していた. 深刻な食糧難になっていた日本へ,米国から大量の小麦が無償で援助される. 小麦は,焼いてパンにすることが推奨され,学校給食にも導入される.
20120331_ヤマザキパン中央研究所兼研修センタ_0929_DSC08695T]20120331_ヤマザキパン中央研究所兼研修センタ_0929_DSC08698
そのようなことから,日本各地に製粉工場やパン工場ができる. 現在,世界第2位の山崎製パン(ヤマザキ)も,この時代に創業をした. 山崎製パン発祥の地は,市川市の市川御番所跡地となる(実際には数十メートルズレているという説もある).
20120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1156_DSC0021520120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1157_DSC00228
市川御番所跡地は市川郵便局が取得して,1876年(明治9年)から電信電話の業務をおこなっていた. その後市川郵便局は,1945(昭和20)年に現在の市川市平田に移転することになる.
20120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1505_DSC0068120120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1505_DSC00683
体育教師だった飯島藤十郎によって,山崎製パン所が1948年(昭和23年)3月9日に誕生する. 実は,飯島はすでにこれとは別の製パン所を立ち上げていて,二重に免許を取得できなかったことから,妹「裕代」の嫁ぎ先の姓であった「山崎」の名前を使って山崎製パン所を立ち上げたのだった. 妹「裕代」の夫「山崎要太郎」は,新宿中村屋で修行した時の仲間だった.
20120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1509_DSC0071620120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1509_DSC00717
当時の山崎製パン所は 40m2(12坪=21畳)ほどしかなく,石窯もひとつしかなかった. おそらく,市川郵便局の木造の建物をそのまま受け継いだものと思われる. 小麦の調達が難しい時代だったため,小麦の提供を受けパン焼きのみをおこなうパン委託加工所で,当時のパンは,コッペパン(紡錘形で底の平たいパン)だった.
20120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1508_DSC0070920120901_山崎製パン総合クリエイションセンター_1508_DSC00705
1952年(昭和27年),市川駅前に包装した食パンを売る直営の「市川売店」を開店させる. その後,長さ25cmもあるロシアパン(コッペパンを大きくし,表面に砂糖とマーガリンを塗った甘いパン)を販売する.
20160417_山崎製パン総合クリエイションセンター_1506_201020160417_山崎製パン総合クリエイションセンター_1506_20110
このロシアパンの成功が,山崎製パンを大きくするきっかけとなる...
.
1955年(昭和30年)に醤油工場跡地を買い取り,市川工場を建設する. 市川工場には,当時最先端の米国製機械を導入し,さらに成長を続ける.
20160825_山崎製パン総合クリエイションセンター_1627_DSC0220420160825_山崎製パン総合クリエイションセンター_1628_DSC02207
その後,1960年(昭和35年)に東京都杉並区に杉並工場を稼働させ,販売地域を首都圏全域に拡大する. さらに,1963年(昭和38年)に東京都東久留米市に武蔵野工場を稼働,市川工場も拡張を重ねて,8200m2(2500坪)にもなっていた.
20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1336_DSC02262T20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1336_DSC02260
それでも生産が追い付かず,1966年(昭和41年)に千葉県松戸市南花島向町に松戸工場を稼働させ,市川工場の生産を移管することになる.
20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1338_DSC02290T20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1338_DSC02292
その市川工場跡地は,空き地のまま放置された状態となっていたが,この山崎製パン発祥の地に,東京都墨田区千歳にあった山崎製パン中央研究所を移転させる計画が進む. 中央研究所では,パンや和菓子,洋菓子などの品質向上の技術開発や,食の安全のための原材料の分析などをおこなっている.
20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1336_DSC0226120170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1336_DSC02258T
この中央研究所(6階建て)を中核に,パン,和菓子,洋菓子等,生産部門の研修室,セミナールーム,宿泊棟からなる総合研修所総合研修所で構成される.
20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1337_DSC0227120170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1337_DSC02275
また,音楽コンサート(約500名収容)も開催できる「飯島藤十郎社主記念LLCホール」も併設され,これらの施設の総称名を「山崎製パン総合クリエイションセンター」と命名した.
20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1338_DSC02281T20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1338_DSC02279
山崎製パン総合クリエイションセンター」は2016年12月1日(木)に完成した.
20170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1338_DSC0228420170305_山崎製パン総合クリエイションセンター_1338_DSC02285
.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2016年11月30日)日本人はなぜパンが大好きなのか
(2015年02月11日)拡大するコンビニ市場@デイリーヤマザキ船橋浜町2丁目店オープン編(6)
(2010年04月30日)船橋市役所内にデイリーヤマザキ2010年5月6日オープン
(2012年05月19日)山崎製パン発祥の地@市川市市川(2)
(2007年08月15日)山崎パン発祥の地@市川市市川(1)
(2007年05月07日)ディリーヤマザキ船橋駅前通り店2007年5月18日オープン@船橋市本町(2)
(2005年10月16日)船橋のユアサフナショク製パンから撤退(1)