2011年3月11日(金) 14:46 に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では,震源地から 390km も離れた関東圏でも大きな揺れとなった.
20110311_東日本大震災_東北地方太平洋沖地震_10220110311_東日本大震災_東北地方太平洋沖地震_112
京成電鉄の地震計は震度5以上を観測し,走行中の全列車が緊急停車する. さいわい乗車客などにケガはなく,駅間に緊急停車した列車の客は,最寄り駅まで避難誘導された.
20110311_東日本大震災_東北地方太平洋沖地震_22220110311_東日本大震災_東北地方太平洋沖地震_262
東京電力(株)の,福島第一原子力発電所および第二原子力発電所をはじめ,火力発電所,水力発電所,それらをつなぐ変電所,送電設備などににも大きな被害が発生したことから電力不足となり,京成電鉄輪番停電を実施することとなる. 京成線全線で,震災前のダイヤにほぼ戻ったのは,ほぼ半年後の2011年9月10日からとなる.
20110315_東日本大震災_首都圏大停電_計画停電_船橋_1819_DSC06786T20110315_東日本大震災_首都圏大停電_計画停電_船橋_1820_DSC06788T
関東圏の周期的な地震には2種類ある. 70年-80年に1回発生するマグニチュード(M)7クラスの首都直下地震(南関東直下地震)と,約200年に1回発生する M8クラスのプレート間で起きるの海溝型地震だ.
1923年_大正12年_関東大震災_住家全潰率_震度分布_2101923年_大正12年_関東大震災_大正関東地震_412
今懸念されているのが,南関東直下地震で,今後30年以内に発生する確率は 70% といわれる. 建物の全壊棟数および火災で焼失する棟数は約85万棟,負傷者数21万人との予想が出ている.
1923年_大正12年_関東大震災_内務省_警視庁_1521923年_大正12年_関東大震災_火炎_避難民_142
1923年(大正12年)9月1日 11:58 に発生した大正関東地震(関東大震災)はプレート間の海溝型巨大地震で,マグニチュード(M)7.9 とされている. 震源地は相模湾海溝(相模トラフ)の最深部北西端であったことから,神奈川県の住宅などの全壊棟数は 6.2万棟,東京府が2.0万棟であった.
20110315_東海道線_馬入川橋梁_レンガ積み_橋脚_11020110315_東海道線_馬入川橋梁_レンガ積み_橋脚_120
もうすぐ昼の食事時間ということもあり,家庭や工場では火を使った炊事をしているころが多かった. 当日は,強風と猛雨に見舞われていたこともあり,東京府下町を中心に大規模な火災が発生し,これが被害を大きくした. 東京府の死者行方不明者数が 7.0万人, 神奈川県が 3.2万人, 千葉県が 0.1万人で総死者行方不明者数は 10.5万人となっている. . 日本の災害史上最悪の地震となった.
熱海線の根府川駅では,地滑りよって列車が海中に転落し,死者 10人,重軽症者 13人,行方不明者 100人以上の大惨事となった.
1923年_大正12年_関東大震災_熱海線_根府川駅_3421923年_大正12年_関東大震災_熱海線_根府川駅_372
相模湾ぞいを走行する熱海線(小田原駅と熱海駅間)では,機関車や客車が横倒し,線路はいたる所で寸断された. 茅ヶ崎駅-平塚駅間のレンガ積みの旧馬入川橋梁も崩落する. 現在も,一部の橋脚が残っている. これで,鉄道による支援物資の輸送や被災者の避難はできなくなり,海上を利用せざるを得なくなる.
1923年_大正12年_関東大震災_熱海線_根府川駅_国府津駅_4121923年_大正12年_関東大震災_熱海線_根府川駅_国府津駅_422
熱海には,地震発生後わずか 5分で高さ約 13m の大津波が押寄せ,海岸の民家 150戸余りが飲み込まれた. 翌日の9月2日には外房(房総半島)の千葉県勝浦沖で M7.3 の余震が起きた. この被害によって熱海線は,そのまま廃線となる.
1923年(大正12年)関東大震災の東京府の難民(左). 1933年(大正22年)関東大震災から復興10年後の東京府(右).
1923年_大正12年_関東大震災_難民_6481933年_大正22年_関東大震災_10年後_652
「M7クラスの地震がいつ起きても不思議でない」といわれる南関東直下地震だ. 通勤通者などの鉄道利用者のピークは8時ごろとなる. この時間帯は約120万人が走行中の電車に乗っている. 駅舎の跨線人道橋などが落下して,ほぼギュウギュウ詰めの満員電車がぶつかれば大きな被害となりかねない.
京成本線船橋競馬場駅.
20160813_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1602_DSC0094120160813_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1602_DSC00943
京成電鉄は,1995年(平成7年)1月17日の阪神淡路大震災を契機に,昭和初期に高架化された上野駅-堀切菖蒲園駅間の高架橋と,千葉線の京成千葉駅-千葉中央駅間の高架橋の耐震補強工事を実施.
20160730_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1634_DSC0042220160730_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1634_DSC00420
2006年度から駅舎部分. 2008年度から変電所の耐震補強工事に着手している. 2010年度には千住大橋駅,京成関屋駅,青砥駅,京成千葉駅の耐震補強工事を実施している.
20160730_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1634_DSC0042420160529_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1602_DSC03507
だが,2010年度の成田スカイアクセス線開業にともなう日暮里駅の改良工事, 押上駅-曳舟駅間, 押上駅-八広駅間, 四ツ木駅-青砥駅間の連続立体化工事なども並行して実施していることから進捗は遅い. 2011年3月11日の東日本大震災を踏まえ,高架橋や駅舎などの耐震補強など地震に対する安全性向上のための工事を急いでいる.
20160709_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1421_DSC0937420160703_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1522_DSC08987
そして,2014年度から進めていた京成津田沼駅およびユーカリが丘駅の駅舎耐震補強工事を2016年3月に完了した. また,京成上野駅-国府台駅間の高架橋の柱の耐震化工事も2016年度中に完了した.
20160825_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_2157_DSC0155120160826_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_2132_DSC02388
現在は,船橋競馬場駅谷津駅の駅舎の耐震工事を行っている...
.
20160826_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_2132_DSC0239320160825_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_2156_DSC01549T
日本の建築物耐震基準は,1968年(昭和43年)の十勝沖地震と1978年(昭和53年)の宮城県沖地震を教訓に,M8クラス以上の巨大地震を想定して1981年(昭和56年)に大きく改正された. これを,新耐震基準という. それまでの建物の耐震構造は,柱や梁,床,壁を堅く結合して,建物の変形をできるかぎり小さくしようとする剛構造がとられている.
20160604_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1007_DSC0368220160604_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1008_DSC03686
この改正では,いままでの剛構造の考え方に加えて十分な変形能力を建物に与えて地震力の作用を小さくする柔構造の考え方も採用された. 超高層の建物で採用されている考え方となる. 過去の大きな地震をもとに,その都度強化されてきた耐震基準だが,それでも直下型地震に耐えられるのかは未知数だ. 剛構造の場合,設計限界を超えると一気に倒壊する可能性がある.
20160604_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1008_DSC0368420160910_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1533_DSC03980
耐力にねばり(しなやかさ)の要素を加えた建物であれば,建物が壊れても倒壊までにはいたらないようにして人命や電車の安全を確保することができる可能性がある. 柱や梁の強度を高めすぎると,基礎に影響してくる. 基礎まで補強しないといけなくなると膨大なコストとなり,建て替えた方が安くなる. 駅舎の耐震補強方法として,ブレース(筋交い)を多数入れる方法が一般的だ. さらに,人の動きを妨げないようにしないといけない.
20160910_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1533_DSC0397620160910_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1533_DSC03982
従来は,H形鋼を用いたブレースを用いることが多かったが,船橋駅競馬場駅の場合,低降伏点鋼管を使ったブレースを使っているようだ. 低降伏点鋼は従来の軟鋼に比べ強度が低く,延性が極めて高い鋼材で制振ダンパーとして優れている.
20160910_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1533_DSC03984T20160910_京成本線_船橋競馬場駅_耐震化_1533_DSC03977
.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2016年09月26日)災害は防げるのか@横浜の傾斜マンション問題と習志野市市役所庁舎の建設(40)
(2016年09月05日)災害は防げるのか@習志野市市役所庁舎の建て替え(39)
(2016年04月21日)災害は防げるのか@熊本地震への陸上自衛隊第6師団の災害派遣(38)
(2016年04月20日)災害は防げるのか@船橋市の南海トラフ巨大地震を前提とした津波避難誘導看板の設置(37)
(2015年03月01日)災害は防げるのか@浦安市高州の浮き上がたマンホールの教訓(36)
(2015年03月01日)災害は防げるのか@東日本大震災の浦安市の液状化と地盤沈下(35)
(2015年03月01日)災害は防げるのか@船橋市西船1丁目の新船橋市西図書館の場所とは(34)
(2015年03月01日)災害は防げるのか@船橋市西船4丁目の旧船橋市西図書館跡地利用(33)
(2015年02月29日)災害は防げるのか@船橋市西船5丁目の仮設船橋市西図書館(32)
(2015年02月28日)災害は防げるのか@船橋市西船4丁目の旧船橋市西図書館(31)
(2015年02月20日)災害は防げるのか@AMラジオのワイドFM放送(30)
(2015年01月21日)災害は防げるのか@FMラジオ共同キャンペーン「千葉ネクストラジオ」オープニング(29)
(2015年12月11日)災害は防げるのか@MrMax新習志野ショッピングセンター前の小型バス(28)
(2015年11月26日)災害は防げるのか@市川市大洲防災公園(27)
(2015年03月13日)災害は防げるのか@宮城県南三陸町防災対策庁舎の悲劇(23)