戦後,ようやく生活が安定してきたころ,日本全国にヘルスセンターが作られていく. ヘルスセンター(health center)を直訳すれば保健所といった意味だが,「health(健康)+center(中心)」をつなげた日本独自の和製英語では,「健康保養施設」といった意味になるだろう. 今なら,「健康ランド」といったところだろうか.
20080428_船橋市浜町2_船橋ファミリータウン_0159_DSC000927M20090725_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1227_DSC00032U
その先陣を切ったのが,千葉県船橋市の埋め立て地に作られた船橋ヘルスセンターだった. 現在のららぽーとTokyo-Bayの場所となる. 船橋市がガス田のボーリングをおこない,天然ガスとともに温泉も湧き出たことから,大規模な温泉施設を作ることになる. 「12万坪の海辺に1万坪の白亜の温泉デパート」をキャッチフレーズに,1955年(昭和30年)11月3日(木)にオープンした. 今から60年以上も前のことだった.
1973年_昭和48年_ヘルスセンター_全景_022船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_遊園地_014
船橋ヘルスセンターには,大ローマ風呂などの温泉施設以外にも,遊園地,10万人が一度に遊べるゴールデンビーチ(夏季のみ),100mのスロープを時速60kmですべりおりる大滝すべり(夏季のみ),グラススキー場(夏季以外),ローラースケート場,アイススケート場(冬季のみ),ダンスホール,セスナ機の遊覧飛行,観光海賊船ガリバー号,ゴルフ場,ホテル,劇場,結婚式場,そして52レーンもあるボウリング場などがあり,「娯楽の殿堂」とも言われた.
船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_遊園地_0221965年_昭和40年_船橋ヘルスセンター_平和の門_DSC07622T
当時は子どもも多く,勤務先の親睦を図るための家族同伴の慰安旅行,労働組合や子ども会などによる団体旅行などが頻繁におこなわれていた. まだ,クルマが普及していなかったことと,家族旅行ができるほどの余裕がなかったころだ. 手軽に行ける船橋ヘルスセンターは,日帰りができる人気の観光地だった. 関東圏だけでなく,遠くは静岡や福島からも訪れていた. ピーク時には,全国から年間450万人(月平均37万人)も来場し,東洋一(日本一)のレジャースポットとなっていた.
20050329_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1645_DSC07590T20090725_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1230_DSC00026T
船橋ヘルスセンターの施設多くは,東洋初や日本初,関東圏初のものも多かった. ボウリング場も,関東圏初ではなかったものの,千葉県下初だった. 日本中にボウリングブームがくる前の1962年に作られた. 現在の船橋ファミリータウンのあたりになる. ただし,まだボウリングは一般的なものではなかったことから,客の利用は多くなかった. なお,民間ボウリング場第1号は1952年にできた東京ボウリングセンターとなる.
1965年_昭和40年_船橋ヘルスセンター_観光バス_DSC07601T
そこで,船橋ヘルスセンターのボウリング運営のアドバイザーとして,船橋の大実業家滝口長太郎に依頼をし,少しづつ客を開拓していく. 滝口長太郎は,東京中のボウリング場のほとんどに足を運ぶほどのボウリング愛好家でもあった. のちに,ボウリングブームが始まった1968年(昭和43年)には,自らも西船長太郎ボウル(現,ストライカーズ西船ボウル)を開業することになる. 息子もプロライセンスを持っている.
1965年_昭和40年_船橋ヘルスセンター_ゴールデンビーチ_DSC07586R1965年_昭和40年_船橋ヘルスセンター_ゴールデンビーチ_DSC07585R
1970年前後になると,須田開代子や中山律子らの女子プロボウラーが活躍し始め,ボウリングブームの呼び水となる. 1971年にはテレビドラマ「美しきチャレンジャー」(TBS系列)が放送され,日本中が空前のボウリングブームとなる. 手ぶらで手軽に楽しめるスポーツ(余暇)として受け入れられた.
船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_214船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_DSC06542U
日本国内のボウリング場は,住宅開発会社などの異業種からの参入もあり凄まじい勢いで増え続け乱立する. 1972年には 3697カ所にもなり,日本の2倍以上の人口となる米国をしのぐボウリング場数となる. ボウリング場前には,朝から長い列ができ4時間待ちも普通だった. 当時は,日本銀行の行き過ぎた金融緩和と列島改造ブームにより地価急騰となっていた.
船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_ボーリング場_花火_11620110416_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1333_DSC07816M
だが,1973年(昭和48年)10月6日に勃発した第4次中東戦争によって原油公示価格が70%も引き上げられ,第1次オイルショック(石油危機)が日本を襲う...
.
20040911_船橋市夏見_パールプラザ_東武夏見物流センター_DSC09433T20040911_船橋市夏見_パールプラザ_東武夏見物流センター_DSC09434
1973年11月には日本から「紙がなくなる」という噂が蔓延し,一部の主婦が約2年分のトイレットペーパーを買いだめをしたことから,各地のスーパーの店頭からトイレットペーパーや洗剤,砂糖,塩などが消える. また,デパートのエスカレータも節電のために運転が中止されるといった状況だった. 一部のメーカーの便乗値上げも重なり,大混乱の経済となっていた. いわゆる,狂乱物価だ.
20100104_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1510_DSC0530920100104_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1510_DSC05314
家計は急速に苦しくなり,ボウリングなどの余暇を楽しむ余裕がなくなっていた. あれほど混んでいたボウリング場は,わずか3年でガラガラの状態となり,単価を下げても客は来なかった.
20100214_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1355_DSC0030320100214_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1355_DSC00305
その後経済は復活し,1988年(昭和63年)のソウルオリンピックのエキシビジョンゲームにボウリングが選定され,日本代表の浅井敦子が銀メダルを獲得する. さらに,1988年の第43回京都国体の正式競技としてボウリングが選定され,再び第2次ボウリングブームとなる.
20120128_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1153_DSC0142620120128_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1153_DSC01425
その後1994年に,第8回広島アジア大会が開催され,ボウリング競技で日本選手が金メダル4個,銀メダル3個,銅メダル2個を獲得する. 1995年,船橋駅北側を通る市場通りぞいに,24レーンのパールプラザボウル(千葉県船橋市夏見1丁目)が開場する. ボウリング場としては遅い開場となる. パールプラザボウル(3階)と船橋パールプラザビルは,食品商社ユアサ・フナショク(東証2部)のホテル部門が運営する施設となる.
20071117_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1111_DSC0525220071117_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1111_DSC05254
2007年11月には大規模なリサーフェース(レーンの表面を削る処理)などをおこない,オートスコアラーはジェトロニクス製(現,オリベッティ)タッチパネル式の最新型に変更された. 全自動ピンセッターは,米国ブランズウィック社製のマシンを採用している. だが,客は戻らなかった. 4階には,大人105円で15分遊べるラウンドワン風の24時間営業のレジャー施設「jjCLUB船橋」がテナント入居していたが数年前に撤退していた.
20160821_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1108_DSC0190220160821_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1108_DSC01905
そしてパールプラザボウルは,2016年6月25日(日)-7月31日(日)まで貸靴の無料を実施し,2016年7月31日(日)をもって完全営業終了した. あわせて,船橋パールプラザも22年間の幕を下ろした(完全閉鎖).
20160821_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1107_DSC0189120160821_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1107_DSC01893T
ビジネスホテルのパールホテルのブランド名にもなっているパール(真珠)は,創業の地である船橋から命名された. かつて船橋の海では,アコヤ貝を使って真珠生産していたが,そのようなことからパールというブランドネームとした.
20160821_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1108_DSC0190020160821_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1107_DSC01897
なお,船橋パールプラザは耐震強度の問題で取り壊すことになるが,跡地利用は未定となっている.
20161210_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1431_DSC0433120161210_船橋市夏見1_船橋パールプラザ_1431_DSC04323
.
人気ブログランキングへ
<関連記事>