今から42年前の1972年(昭和47年)5月15日,沖縄は日本に復帰した. 沖縄復帰前の1963年(昭和38年),習志野市谷津5丁目沖縄学生会館(沖学館)が建設された.
1966年(昭和41年)ごろの沖縄学生会館.
1966年_昭和41年_08月29日_習志野市谷津_沖縄会館_0101965年_昭和40年_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_0120
建設された当時は,まだこの辺は住宅もまばらで,モダンな鉄筋構造の沖縄学生会館は,白い外壁から白亜の館とも呼ばれていた.土地は,当時の琉球政府が購入し,建物は日本の援助を得て建てられた.
習志野市谷津5丁目の沖縄学生会館(沖学館)は,2009年3月末で46年の歴史を閉じた.
20140420_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1146_DSC0557620140420_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1145_DSC05569
沖縄戦では,24万人が死亡し,民間人の3分の1を失った. 沖縄戦終結後,生活基盤のない住民は,アメリカ軍からの配給に頼っていた. 教育環境も,大きく遅れていた. 米軍占領下の1947年(昭和22年)に,6-3年制の学制が実施され,米国軍政府教育部の指導により,1950年(昭和25年)に琉球大学が設立される.
20140420_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1146_DSC0557320140420_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1146_DSC05574
1972年(昭和47年)の沖縄復帰を前に,戦略的に若い人材を日本本土の大学などで学ばせていた. その学生らの経済的負担の軽減を図ることから,沖縄学生会館は建設された. 復帰後,資産は沖縄県に移管された.
20130324_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1127_DSC0760920130324_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1127_DSC07610
習志野学生会館は,3153.96m2(約955坪)もある土地に鉄筋コンクリート造の4階建て(963.64m2)と2階建て(475.04m2)で構成され, 72名収容の男子寮だった. だが沖縄県は,施設の老朽化を理由に2009年3月末で寮を閉鎖させた. その後,旧沖縄学生会館の土地と建物はどうなったのだろうか...
.
沖縄学生会館は,2014年3月末の入札により,売却された.
20130324_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1127_DSC0761920130324_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1128_DSC07621
施設は,現況のまま売却されるが,建物はそのまま使うことはできず解体撤去することが条件となっている. この場所は,第1種低層住居専用地域で,規制建ぺい率 50%,容積率 100% となる. 近隣地域は,戸建住宅及びアパートが混在する住宅地域であるため,利用用途は限定される. 京成本線谷津駅まで約 120m と立地条件は大変良い,
20140420_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1145_DSC0556120140420_習志野市谷津_沖縄学生会館_男子寮_閉鎖_1145_DSC05568
沖縄学生会館跡地は,宅地になるという噂がある.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2012年05月18日)沖縄学生会館は閉館@習志野市谷津(2)
(2009年10月15日)沖縄学生会館は閉館@習志野市谷津(1)