千葉県習志野市は,東京からほぼ 30km 圏内に位置し,西は船橋市,東は千葉市,北は八千代市に接し,南は東京湾に面している.
20141004_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1146_DSC0066020151017_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1402_DSC03183
昭和初期の津田沼町時代の面積は 6km2 強ほどしかなかったが,1954年(昭和29年)の合併(市制施行),1966年(昭和41年)と1977年(昭和52年)の2期にわたっての埋め立てによって,現在の面積は 20.99km2 にもなっている.
20140823_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1730_DSC0282720140823_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1730_DSC02828T
習志野市内の各駅の1日の鉄道駅乗車人員数が多い駅を見てみると,JR総武本線津田沼駅が 10万3404人. 新津田沼駅 7万0700人. 京成線京成津田沼駅 5万6213人. 新京成線京成津田沼駅 4万3195人. 京成線京成大久保駅 3万2240人. 京成線実籾駅 2万3321人. JR京葉線新習志野駅 1万3259人. 京成線谷津駅 1万0864人となっている. ※習志野駅は船橋市.
20141004_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1146_DSC0067020141004_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1147_DSC00674
JR京葉線新習志野駅の乗車人員数は,隣りの南船橋駅(2万0109人)の半分ほどしかない. だが,2020年以降,大きく変わるかもしれない. 新習志野駅南口前の,MrMax新習志野ショッピングセンター(2014年6月1日より,ハイパーモールメルクス新習志野から名称変更)跡地が再開発される可能性があるからだ...
.
MrMax新習志野ショッピングセンターがある場所は,もともとは海だった場所だったが,第2期の埋め立てによって誕生した.
20151017_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1402_DSC0318220151017_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1402_DSC03181
そして東京湾岸沿いの京葉線が西船橋駅-千葉貨物ターミナル駅間(第1期線)が旅客線として1986年(昭和61年)3月に開業した. 新習志野駅も,このときに開業している. さらに,新木場駅-南船橋駅間と市川塩浜駅-西船橋駅間(第2期)が1988年(昭和63年)12月に開業. 東京駅-新木場駅間(第3期)が1990年(平成2年)3月に開業し,首都東京までつながった.
20140824_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_0955_DSC0307020140824_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_0955_DSC03078
そして,千葉県企業庁JR新習志野駅南口前土地を,事業用定期借地権を活用して事業者を募集し,3社の提案の中から,ハイパーモールメルクス新習志野(店舗面積 2万4053m2)が選定され,2000年12月3日にオープンした. 事業用定期借地権は20年となる.
20141004_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1146_DSC0066320141004_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1146_DSC00658
習志野市の「都市計画都市計画区域の整備開発および保全の方針(2016年3月版)」では,一般商業地として「拠点性の高い商業と業務機能の集積を図る地区として高密度(高層ビル)利用を図る」としている. このことから,つぎの公募では今までのような低層のショッピングセンターのみの事業提案では通らない可能性が高い.
20141004_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1146_DSC0066120141004_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1145_DSC00656
ショッピングセンターのオープンから逆算すると,契約開始は2000年4月と思われるため,2020年3月末までに千葉県に返却しないといけない. 解体して更地の状態で返却することを考えると,2019年10月ごろには完全閉店することになる. もう3年強しかない.
20141004_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1145_DSC0065220141004_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1145_DSC00655
習志野市は,船橋市のような高さ制限条例がないことから,30階建てクラスのビジネスビル群とショッピングセンターを複合した大型開発になるかもしれない. イオン(本社は幕張新都心)は大型のショッピングセンターを国内外につぎつぎに建設しているが,手狭になった本社機能の拡張や関連会社の事務業務の拠点として開発に手を挙げるかもしれない.
20140823_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1732_DSC0283420140823_習志野市茜浜2_新習志野駅_南口駅前_1733_DSC02837
また,急激に売り上げを伸ばしているインターネット通販の ZOZOTOWN を運営する(株)スタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目WBGマリブウエスト内)の物流事業所(千葉県習志野市茜浜3丁目)もここから近い. これだけの大型複合開発ができるのは,三井不動産三菱地所だけかもしれない.
.
人気ブログランキングへ