2011年3月11日(金)14:46,東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生した.
20110311_1446_東日本大震災_震度_255931289T20110311_1446_東日本大震災_地震速報_震度_255924386T
三陸沖南部海溝寄り域,深さ24km を最初の震源として,三陸沖から茨城沖までの長さ500km,幅250km の広範囲で地震が発生した. ドミノ倒しのようにほぼ同時に複数の震源が起きる海溝型連動地震で,3連動であったと考えられている. 地震の規模を示すマグニチュードは M9.0,近代観測史上日本最大の超巨大地震となった.
20110311_東日本大震災_津波_被害_03220110311_東日本巨大地震_津波_被害_042
この地震により,福島県相馬で高さ 9.3m 以上,宮城県石巻市鮎川で高さ 8.6m 以上の非常に高い大津波を観測する. 東北地方だけでなく,関東地方北部の太平洋側,北海道から沖縄にかけて,広い範囲で津波を観測した. また,遠く離れた米西海岸や中南米諸国に到達し,約 2m の津波を観測した.
船橋市親水公園の防潮堤のゲートも閉められた. この防潮堤とゲートがなければ,ららぽーとTOKYO-BAY前もおよそ20cm の浸水になっていた.
20110312_東日本大震災_船橋市親水公園_防潮堤_1609_DSC0877620110313_東日本大震災_船橋市親水公園_防潮堤_1442_DSC00389
この大津波は,狭い入り江や川,大地を遡上(そじょう)し,宮古市姉吉地区で高さ 38.9m,宮古市田老小堀内地区で 37.9m にまで達した. 地震発生後約 35分で第1波が銚子に到達し,約 60分で東京湾入り口に到達した. そして第2波が約 120分で京湾入り口に到達する.
20110312_東日本大震災_船橋親水公園_液状化_1611_DSC0878720110312_東日本大震災_船橋親水公園_液状化_1611_DSC08786
津波は,東京湾の奥に向かって湾内を伝播する. 東京湾最奥部の東京品川,豊洲や千葉浦安,船橋など遠浅の海で高さは増す. 岸壁で何度も反射した第1波と,後からきた第2波が複雑に合成されてさらに高さは増す. 船橋葛南港(ららぽーとP10駐車場近く)の観測での第1波は2011年3月11日 17:20 で 1.2m, 最大波が 18:20 で 2.4m を観測している.
荒川上流の海老川水門付近.
20160415_東京都足立区鹿浜2_荒川_隅田川_0810_DSC0211720160415_東京都足立区鹿浜2_荒川_隅田川_0811_DSC02129
津波は荒川も遡上し,河口から 21km も離れた隅田川との分岐地点である岩淵水門(東京都北区志茂)で 1.2m を確認している.
海老川水門の一部が,地震で崩れかけてしまった.
20110416_船橋市浜町1_海老川_潮流門_改修工事_1412_DSC0784020110923_船橋市浜町1_海老川_潮流門_改修工事_1015_DSC04274
また,千葉市中央区にある中央4号,寒川,蘇我,浜野の4つの水門の閉鎖作業が,操作担当者が交通渋滞に巻き込まれ,津波(2.84m)の到達時刻に間に合わず,上流住宅数軒に床下浸水などの被害が出ている.
20111120_船橋市浜町1_海老川_潮流門_改修工事_1430_DSC0198420111120_船橋市浜町1_海老川_潮流門_改修工事_1425_DSC01957
従来,内閣府の専門調査会である中央防災会議では,南海トラフでの巨大地震(東海-東南海-南海の3連動地震)が発生した場合でも,東京湾口の幅が狭く津波が入りにくいため東京湾奥部に高い津波はこないと想定し,地震による津波対応をしてこなかった.
船橋漁港のゲート. ピンクの線(2.8m)まで浸水した. このゲートのおかげで一般住宅地区への浸水はなかった.
20130309_船橋市湊町3_船橋漁港_東京湾_津波_1201_DSC02506E20130309_船橋市湊町3_船橋漁港_東京湾_津波_1201_DSC02503E
かねてから,中央防災会議の想定は,研究学会が提示する想定よりも甘くなる傾向があり,経済的(予算的)な要因を科学的根拠もなく想定設定に組み込まれているのではという批判があった.
20160326_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1018_DSC0027020160327_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1428_DSC09981
だが,今回の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で,今までの想定を上回る潮位が観測されたことから,今後の想定地震や津波の考え方として,「あらゆる可能性を考慮した最大クラスの巨大な地震や津波を検討していくべきである」と,より厳しい想定に見直した...
.
船橋市の湾岸部に設置された津波避難誘導看板.
20160326_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1753_DSC0061320160326_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1753_DSC00614
最大クラスの地震の発生可能性として南海トラフ地震を想定した. 南海トラフ地震は,100年-150年周期で大規模地震が発生している. 最も新しい南海トラフ地震は,1946年(昭和21年)12月に発生した昭和南海地震(M8.0)で,発生から70年が経過している.
20160702_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_0809_DSC0820920160716_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1619_DSC09713
この時の昭和南海地震では,高知県,三重県,徳島県沿岸での津波が 4m-6m に達し,死者・不明者1330名,家屋全壊11591戸,半壊23487戸、流失1451戸,焼失2598戸だった. これでも,過去の南海トラフ地震よりも被害の規模は小さかった. この時は,東海地震は起きなかったとされている.
20160522_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1447_DSC0675520160522_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1447_DSC06752
東海と東南海は必ず同時に発生することが,過去の地震からわかっていて,今後もっとも可能性がある南海トラフ地震は,東海+東南海+南海の3連動地震ではないかと言われている. さらに規模が大きいのが,東海+東南海+南海+日向灘(宮崎沖)の4連動地震となる.
20160521_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1404_DSC00332020160604_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1245_DSC03871
文献などの記録に残る日本最大級の巨大地震といわれている宝永地震(1707年)は,この4連動地震だった可能性がある. さらに琉球海溝を入れて5連動地震の想定もあるが,可能性は限りなく低い.
20160521_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_0942_DSC0006720160521_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_0942_DSC0069
2013年3月18日に中央防災会議などが発表した想定では,約 150年の周期で発生する南海トラフ3連動地震(東海+東南海+南海)を最大規模の地震とした. 直近の南海トラフ3連動地震は1854年の安政東海地震安政南海地震(32時間後)となり,すでに地震空白域は162年で,相当なひずみが蓄積されている.
20160521_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_0939_DSC0005620160521_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_0939_DSC00058
東日本大震災を超える巨大災害になると位置づけている. 千葉県館山市での津波の高さは 11m, 神奈川県鎌倉市 10m としている. 最悪の場合,関東でおよそ6000人(千葉県が約 1600人)が津波で亡くなるおそれがあるとしている.
20160417_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1547_DSC0277120160417_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1547_DSC02775
船橋市には,最大津波高は 3m で地震発生から 115分後となっている. 船橋市の市街地で,浸水被害が発生する可能性がある. 地震発生後,津波が来るまでに適切な避難行動をすれば,人的被害を10分の1にできる可能性がある.
船橋市が作成した,南海トラフ地震を前提とした津波ハザートマップ.
20160701_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ巨大地震_11220160701_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ巨大地震_116
適切な避難行動をするためのものが,南海トラフ地震を前提とした津波ハザードマップとなる. 船橋市民には,津波ハザードマップが全戸配布されているが,いつも携帯しているわけでもない.
20160724_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1309_DSC0044320160724_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1319_DSC00467
住民だけでなく来訪者でも適切な施設などへ避難行動(誘導)するための津波避難施設誘導看板を湾岸地域を中心に設置した.
20160409_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1637_DSC0130520160409_船橋市_津波ハザードマップ_南海トラフ地震_1638_DSC01308
.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2015年03月01日)災害は防げるのか@浦安市高州の浮き上がたマンホールの教訓(36)
(2015年03月01日)災害は防げるのか@東日本大震災の浦安市の液状化と地盤沈下(35)
(2015年03月01日)災害は防げるのか@船橋市西船1丁目の新船橋市西図書館の場所とは(34)
(2015年03月01日)災害は防げるのか@船橋市西船4丁目の旧船橋市西図書館跡地利用(33)
(2015年02月29日)災害は防げるのか@船橋市西船5丁目の仮設船橋市西図書館(32)
(2015年02月28日)災害は防げるのか@船橋市西船4丁目の旧船橋市西図書館(31)
(2015年02月20日)災害は防げるのか@AMラジオのワイドFM放送(30)
(2015年01月21日)災害は防げるのか@FMラジオ共同キャンペーン「千葉ネクストラジオ」オープニング(29)
(2015年12月11日)災害は防げるのか@MrMax新習志野ショッピングセンター前の小型バス(28)
(2015年11月26日)災害は防げるのか@市川市大洲防災公園(27)
(2015年11月23日)災害は防げるのか@船橋市立湊中学校の津波対策をした新校舎(26)
(2015年06月20日)災害は防げるのか@船橋市立市場小学校の災害用井戸(25)
(2015年06月19日)災害は防げるのか@船橋市立前原小学校の災害用井戸(24)
(2015年03月13日)災害は防げるのか@宮城県南三陸町防災対策庁舎の悲劇(23)
(2015年03月12日)災害は防げるのか@宮城県南三陸町の復興ツーリズム(22)