「セリ,ナズナ(ぺんぺん草)[♪休符],ゴギョウ(草餅),ハコベラ[♪休符],ホトケノザ(タビラコ)[♪休符],スズナ(カブ),スズシロ(ダイコン)[♪休符],春の七草」.
20160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0948_C000101220160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0949_C0002012
短歌のような 5-7-5-7-7 の8ビート(8分音符)調のリズムに合わせて口ずさむ,昔からの春の七草の覚え方だ. 読み書きができない人が多かったころから,このように自然とリズム感を出して覚えていたのだろう.
20160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0948_C000106220160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0948_C0001072
秋は,ハギ,キキョウ[♪休符],クズ,フジバカマ[♪休符],オミナエシ[♪休符],オバナ,ナデシコ[♪休符],秋の七草」となる.
20160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0950_0905220160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0950_09062
春の七草は,1年間の無病息災を願ってかゆ(粥)として1月7日に食べる. 地域によっては,1月15日前後の小正月(旧暦の最初の満月)におこなうところもある. また,東北などの豪雪地では七草を採ることもできない場所があり,草にこだわらず七種類の具(油揚げなども含む)を集めて炊き込み(または,まぜご飯)にする地域もある.
20160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0947_DSC0272320160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0947_DSC02727
春(冬)の七草がゆのルーツは,中国の「七種類の菜でお吸い物を作る」(七種菜羹)風習から始まったものだ. 緑の乏しい寒中に,野山より採って食べ,邪気を払い縁起を祝ったものが,日本にも伝えられ春の七草になった.
20160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0947_DSC0273320160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0950_57052
冬期は,長期保存できる穀物や乾物で毎日を過ごしてを待つことになる. この間は,どうしても体内で合成されないビタミンが不足し,足のしびれ(通称,かっけ/脚気)やむくみなどが起きる. 経験的に,こらの草を薬草として食べることで,病状が治まることがわかっていたのだろう. ビタミンは少量食べるだけでよい.
20160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0950_5707220160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0950_57082
どのような季節でも,色々な緑黄色野菜が食べられるようになった現代だが,この七草の名前をつけたマラソン大会が千葉県習志野市香澄で毎年行われている...
.
それが,2016年1月10日(日)に行われた習志野七草マラソンだ. 2016年で 42回目となる伝統ある大会となる. 習志野七草マラソンは,習志野市立第七中学校をスタート/ゴール地点として,周辺道路を使って行われている. 習志野市陸上競技協会が主催している.
20160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0950_57010220160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0956_DSC02750
参加は有料となり,小中学生 600 円,高校生 1000 円,一般社会人 1500 円(傷害保険料を含む)が必要となる. 1位-3位にはメダルと賞状,4位-8位には賞状が表彰される.
20160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0927_DSC0268920160110_習志野市七草マラソン大会_香澄ロードレース_0927_DSC02691

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2016年01月05日)千葉神社の初詣2016@千葉市中央区院内
(2016年01月02日)船橋大神宮の初詣2016@千葉県船橋市宮本
(2015年01月03日)冬の風@船橋大神宮の初詣<正月3日>(8)
(2014年12月31日)冬の風@年越しの船橋大神宮(6)
(2014年12月31日)冬の風@ケーヨーD2東船橋店前の正月飾り販売(5)