ユアサ・フナショク《8006.T2》は,コメ,小麦粉,砂糖,油脂,加工食品,冷凍食品,酒などの業務用食品をあつかう商事部門を中核事業に,ビジネスホテルやレストラン,ボウリング場を経営するホテル事業,不動産賃貸をおこなっている不動産事業から構成される東証2部上場の総合商社だ.
千葉県船橋市宮本3丁目にあったユアサ・フナショク本社.
20050528_船橋市宮本3_ユアサフナショク本社_1748_DSC0201820040614_船橋市宮本3_ユアサフナショク本社_DSC02765
売上高と営業利益で各事業をみると,商事事業の売上高が 763億円(全体の 95.6%)に対して営業利益では 8.38億円,ホテル事業の売上高は 30.58億円に対しての営業利益は 5.87億円,不動産事業が売上高は 5.50億円に対しての営業利益は 4.55億円となる.
20050911_船橋市宮本3_ユアサフナショク本社_1020_DSCF173420060603_船橋市_ユアサフナショク_1146_DSC03671T
特にホテル事業については,中国からの観光客の増加にともない部屋の回転率が向上し,営業利益に貢献した.
20060603_船橋市_ユアサフナショク_1146_DSC0367320060924_船橋市宮本_フナショク_MD情報センター_0945_DSC02811T
ユアサ・フナショクのはじまりは,1937年(昭和12年)に肥料,や米,雑穀などを販売する湯浅商店(屋号:野地屋)から始まる. まもなく創業80年となる歴史ある企業となっている. 千葉県内のみならず,首都圏全域に「食」と「住」を提供する地方総合商社となっている.
20061014_ユアサフナショク_車_1020_DSC06238T20050619_ユアサフナショック_1050_DSC01056
かつては,製パン事業もおこなっていたが2005年12月をもって撤退,千葉県内に5店舗あったスーパー事業も2015年末で完全閉店となっている.
20060603_船橋市_ユアサフナショク_1146_DSC03676T20060603_船橋市_ユアサフナショク_1146_DSC03677T
ユアサ・フナショクの食パン「幕張モーニング」は,千葉県内のほとんどのスーパーで購入できたが,大手ヤマザキなどとのコスト競争力を失い,撤退となっている.
ユアサフナショク寮
20080824_船橋市宮本4_ユアサフナショク寮_1226_DSC0712920080824_船橋市宮本4_ユアサフナショク寮_1226_DSC07128
現在購入できるのは,コンビニのローソンなどで販売している「和の香り宇治抹茶シュー」(フレシュールのライセンス製造/130円)くらいになってしまった.
20081011_船橋市宮本4_ユアサフナショク寮_1508_DSC0441920081011_船橋市宮本4_ユアサフナショク寮_1508_DSC04424
食品流通業界は,一段と厳しさを増してきている. ユアサ・フナショクブランド商品(NBメーカー商品)は,一般市民には直接目につかない外食店向けの業務用冷凍食品やチルド食品の販売となっている. 唯一,業務用スーパーワイケイフーズで一部を購入できる. 今後は,業務用冷凍食品事業に力をいれていく.
20081124_船橋市宮本4_ユアサフナショク寮_1126_DSC0133220081124_船橋市宮本4_ユアサフナショク寮_1126_DSC01333
ユアサ・フナショク本社は,京成本線船橋競馬場駅から徒歩3分とほどの千葉県船橋市宮本4丁目の場所(セカンドストリートとガソリンスタンドの向かい)にあった.
20120603_船橋市宮本4_ユアサフナショク本社_1219_DSC0772720120603_船橋市宮本4_ユアサフナショク本社_1219_DSC07729T
だが,老朽化のため,船橋競馬場駅から徒歩7分とほどの千葉県船橋市宮本4丁目の場所に移転し,2013年4月1日から新本社を本稼働させている.
20121124_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1407_DSC03031T20130126_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1222_DSC00263T
新本社の屋上にはソーラーパネルを設置,省エネを推進し,災害時のBCP(事業継続)にも対応もした. また,女性専用の休憩室や食堂を設けるなど,社員の働きやすい環境にも配慮している.
船橋市宮本4丁目のユアサフナショク新本社.
20121216_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1403_DSC06359T20130126_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1222_DSC00264T
新しい本社の場所は,ユアサ・フナショク社宅と直営の飲食店があったが,こちらも老朽化のためにほぼ使われていなかった. 社宅は解体され更地の状態となっていた.
20131221_船橋市宮本4_ユアサフナショク旧本社_1444_DSC0552420131201_船橋市宮本4_ユアサフナショク旧本社_1615_DSC01434
旧本社があった千葉県船橋市宮本3丁目の建物も解体され,しばらく更地のままとなっていた.
20140323_船橋市宮本3_フナジョク跡地_1149_DSC0027120140323_船橋市宮本3_フナジョク跡地_1150_DSC00274
旧本社跡地は約620坪あり,国道16号沿いで船橋競馬場駅から近いことなど良立地となり,その跡地利用が注目されていた...
.
千葉県船橋市宮本3のユアサフナジョク跡地に建設しているタマホーム船橋店.
20150921_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_0931_DSC0967620150921_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_0932_DSC09685
旧ユアサフナショク本社跡地は,タマホーム(株)となった. あの木村拓哉や神田沙也加のCMでおなじみの「♪ハッピーライフ,ハッピーホーム,タマホーム♪」となる.
20150921_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_0932_DSC0969020151003_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_0705_DSC01504
タマホームは,1998年(平成10年)6月に設立された比較的新しい注文状宅を得意とするハウスメーカーだ.
20151003_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_0705_DSC0150720151122_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_0915_DSC08552
もともとは九州福岡の会社だったが,全国展開のために2005年(平成17年)に本社を東京(港区高輪)に移転. 現在の売上高は 1430億円,年間着工数 11000戸,従業員数 2607人にもなる企業となっている.
20151122_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_0915_DSC0855020151219_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_1150_DSC02719
SMAPの木村拓哉を使ったインパクトのあるCMを大量に流し,集積材を多く使うことで大手他社と比べると坪単価が約1割ほど安い(30万円~45万円). このような戦略から,急激に実績を伸ばしている.
20160123_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_1045_DSC03565T20160123_船橋市宮本3_タマホーム船橋店_1048_DSC03573

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年01月02日)ユアサ・フナショク旧本社解体@船橋市宮本(4)
(2013年01月27日)ユアサフナショク新本社建設@船橋市宮本(3)
(2012年06月05日)ユアサフナショク新本社建設@船橋市宮本(2)
(2012年06月05日)ユアサフナショク新本社建設@船橋市宮本(1)
(2008年12月29日)ユアサフナショク寮が解体@船橋市宮本(2)
(2008年08月24日)ユアサフナショク寮が解体@船橋市宮本(1)
(2006年10月01日)ユアサフナショク高瀬製パン工場閉鎖
(2005年12月06日)船橋のユアサフナショク製パンから撤退(3)
(2005年05月28日)あのとき、ユアサフナショクは(1) 船橋駅前ビル