妖怪ウォッチは,任天堂の携帯型ゲーム機(ニンテンドー3DS)向けに2013年7月に発売された. 当初は平凡な売り上げだったが,テレビ東京系で2014年1月8日よりアニメが放送されたことで大ブレイクした.
20160103_妖怪ウォッチ_ジバニャン_03220160103_妖怪ウォッチ_ジバニャン_022
妖怪ウォッチのゲームソフト出荷本数は 600万本以上,妖怪メダルの累計出荷数は 2億枚を販売し,妖怪ウォッチ関連グッズ売り上げを加えると,商品市場規模 2000億円を超えている. 妖怪ウォッチの関連グッズは,一時ネット上で2倍-4倍の高値で取引され,新種を販売する量販店には転売目的も含めて 1000人以上が行列することもあった. このままだと,「ポケモンは妖怪に食われてしまう」といった状況だった.
20160103_妖怪ウォッチ_ジバニャン_06220160103_妖怪ウォッチ_ジバニャン_072
妖怪ウォッチの対象世代やビジネスモデルは,ポケットモンスターとよく似ているといわれるが,他のキャラクタ市場規模と比較すると,ポケモン 4兆2000億円,アンパンマン 1兆1000億円,ハリーポッター 1兆8000億円,ドラゴンボール 3000億円,エヴァンゲリオン 1500億円,ワンピース:1000億円となっている.
ビビット南船橋の妖怪ウォッチバラエティーショー.
20160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1444_DSC0250320160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1433_DSC02498
1996年に販売され19年も続くポケモンには遠くおよばないが,妖怪ウォッチもかなり大きな市場となっているのは確かだ.
20160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1433_DSC0250120160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1443_DSC02502
JR東日本が夏休みにポケモンスタンプラリーを開催しているが,西武鉄道では妖怪ウォッチスタンプラリーを開催し,関東圏以外からも参加するような熱狂ぶりだった. あまりにも品薄が長く続くため,飢餓商法ではないかといった噂まで流れた.
20160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1505_DSC0251120160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1506_DSC02521
妖怪ウォッチの特徴は妖怪メダルだろう. 妖怪メダルは,妖怪を召喚する際に必要なメダルとなる. もともとは,牛乳瓶の蓋から展開したもので,メダルには,ZメダルやUメダルなどがあり,妖怪ウォッチバスターズからBメダルが登場する. 妖怪Bメダルの表面はその妖怪の図柄で裏面にQRコードが貼られている.
20160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1506_DSC0251620160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1506_DSC02513
QRコードはゲームと連動し,任天堂3DSの本体カメラでBメダル裏面のQRコードを読み取ることで,色々なものが手に入れることができる. このQRコードとは何者なのか....
.
20160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1511_DSC0252520160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1511_DSC02527
QRコードは二次元のバーコードからさらに進化し,三次元化で数字のみならず英文字や漢字も埋め込むことでができる. トヨタ系の自動車部品メーカーのデンソーが開発したが,事実上のライセンスフリーとなっていることから,色いろなものに使われている.
20160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1512_DSC0252920160103_ビビット南船橋_妖怪ウォッチ_ショー_1511_DSC02526
妖怪ウォッチQRコードには,妖怪ウォッチのサイトの「http://YW.B-BOYS.JP/」 のURLで始まり,その後ろに32ケタの英数字の「識別ID」が書かれている. この英数字には特別な意味はなく,メダルごとの個別のユニーク(ダブリのない)な識別IDとなっている. 識別コードはサーバで管理され,メダルの種類などが管理される. インターネットなどに公開されている識別IDは,すでに登録すみとなっているため,二重登録はできない. ただし,サーバを見に行かないゲームは,拾い物のQRコードでも使えたりする.
20160103_妖怪ウォッチ_イナホ_01220160103_妖怪ウォッチ_USAピョン_072
妖怪ウォッチの主人公的キャラクターがジバニャンだ. ポケモンのピカチュウのような存在となっている. 主人公ケータと初めて友達になった妖怪. 生前の名前はアカマルだが,クルマにひかれて死んでしまったネコが地縛霊になった. 言葉の語尾に「~だニャン」と付けて話す. 必殺技は連続パンチを繰り出す「ひゃくれつ肉球」.
20160103_妖怪ウォッチ_USAピョン_06020160103_妖怪ウォッチ_USAピョン_042
だが,妖怪ウォッチは人気が落ちている. ジバニャンに続くキャラクタがいないのだ. ジバニャンだけでは,飽きられてしまう. そのような状態を打開したいと投入したキャラクタがいる.
20160103_妖怪ウォッチ_USAピョン_03220160103_妖怪ウォッチ_USAピョン_022
それが,ジバニャンコマさんにつぐ第3の新キャラクターUSAピョン(うさぴょん)だ. USA(メリケン)という外国からやってきたメリケン妖怪となる. 初めて宇宙に行く実験動物で,訓練中のロケット爆発事故で死んでしまう. ウサギのように見えるが,ヘルメットの形に過ぎなく,実はカワウソらしい. 言葉の語尾に口癖は「~ダニ」と付けて話す.
20160103_妖怪ウォッチ_イナホ_04020160103_妖怪ウォッチ_イナホ_020
だが,2人目の主人公イナホと新妖怪USAピョンが,google検索予測キーワードの表示見ると,「つまらない」,「面白くない」,「うるさい」,「かわいくない」,「うざい」と評判が良くない. 人気に陰りが出始めていて,古い妖怪メダルのシングルの投げ売りがおきている. 今はドラゴンボールやポケモンが復活してきている.

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2015年08月16日)わくわく恐竜大国@ビビット南船橋
(2014年12月25日)ハコスタジアム東京オープン@ビビット南船橋(33)
(2014年12月09日)餃子の王将ビビット南船橋店オープン@ビビット南船橋(32)
(2014年10月31日)餃子の王将オープン@ビビット南船橋(31)
(2014年06月21日)フットサルコートオープン@ビビット南船橋(30)
(2014年04月10日)フードコートに3店舗がオープン@ビビット南船橋(29)
(2014年02月13日)麻布十番モンタボーのちびっこパン教室@ビビット南船橋(28)
(2013年11月29日)アメイジングワールドはリニューアル@ビビット南船橋(28)
(2013年11月19日)スーパーバリューのショッピングカート@ビビット南船橋(27)
(2013年11月10日)スーパーバリュー南船橋店は大規模リニューアル@ビビット南船橋(26)
(2013年09月13日)ビビット南船橋に新店オープン@たばこステーション(25)