日本は,少子化の流れの中,市町村のほとんどが人口減に向かっている. 船橋市においては,ここ10年は微増を続けるが,その年代構成は大きく変わり超高齢化に向かっていく. 少子化高齢化が同時に進んでいることから,どこの市町村も予算配分に苦慮している.
20160201_船橋市北本町_プラウド船橋_ふなばし森のシティ_11020160201_船橋市北本町_プラウド船橋_ふなばし森のシティ_120
微増といっても,駅前などの利便性の良い場所は激増している地区も少なくない. 東武野田線の新船橋駅塚田駅周辺においては,新しい大型マンションが建ち並び,最寄の小学校に入れない状況となっている.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_03420110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_025
特に,旭硝子船橋工場跡地に開発されたふなばし森のシティ(開発愛称,みらSATO)においては,野村不動産のプラウド船橋(千葉県船橋市北本町1丁目) 5棟(総戸数1497戸)が建設され,戸建住宅のプラウドシーズン船橋森のシティ(総戸数42戸)とあわせて,計画人口約 5000人の新しい街が誕生している.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_13420110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_125
計画人口 5000人規模の若い世代の街であれば,小学校の新設をしてもよいレベルであったが,みらSATOの開発計画には小学校の新設は組込まれなかった. 日本建鐵(株)船橋製作所(三菱電機の製造事業所)や旧AGCテクノグラス(株)中山工場跡地とあわあせて「山手地区のまちづくり計画」を策定し,いずれ作ればよいと先送りしたためだ.
20070519_船橋市行田1_旭テクノグラス_中山工場_1239_DSC0586620070519_船橋市行田1_旭テクノグラス_中山工場_1240_DSC05872
結局,ふなばし森のシティの小学児童は,最寄の小学校には入れず,1.7km(大人の足で約20分)も離れた船橋市立市場小学校へ通っている. 交通量の多い道路を通学しなければならないため,小学校低学年は森のシティシャトルバス(三菱エアロスターワンステップバス)で通っている. ただし,市場小学校前までではなく,市場小通学路入口(船橋駅北口十字路付近でバス停ポールは無い)までしか運行しない. そこから,市場小学校までは遊歩道を 500m ほど徒歩となる.
20070519_船橋市行田1_旭テクノグラス_中山工場_1239_DSC0586420070519_船橋市行田1_旭テクノグラス_中山工場_1239_DSC05861
ふなばし森のシティは若い世代が多い街であるため,まだ小学校児童数よりも保育園児童数(および幼稚園数)の方が多い. だが,この人口構成もまもなく逆転する. ほとんどが同じ時間の森のシティシャトルバスに乗ることになり,今後満席で乗りこぼしが出る可能性もある. シャトルバスは,売主(野村不動産)負担で15年間運行する契約(マンション販売価格に組み込みずみ)だが,いつまでもこのままでよいわけはない.
20070519_船橋市行田1_旭テクノグラス_中山工場_1240_DSC0586920070519_船橋市行田1_旭テクノグラス_中山工場_1240_DSC05870
先送りした学校問題を解決すべく,船橋市は今後開発される見込みの旧AGCテクノグラス(株)中山工場跡地(居住区)と旧日本建鐵(株)船橋製作所跡地に学校を新設できないか打診している. 日本建鐵船橋製作所跡地については,日本建鐵(不動産管理専業)から船橋市には売るつもりはないと回答されている. さらに,土壌から基準を超える有機塩素系溶剤トリクロロエチレンが検出されたため,学校用地として活用するには難しい状況となっている.
20151229_船橋市山手1_日本建鐵船橋製作所_1217_DSC0157820151229_船橋市山手1_日本建鐵船橋製作所_1218_DSC01580
AGCテクノグラス中山工場跡地は,旭硝子船橋工場(現,AGCガラス)と同じグループ会社所有ということもあり,AGC側は前向きに船橋市への売却を検討している. AGCテクノグラス中山工場は,自動車用シールドビーム型電球用ガラス(ヘッドライト)や耐熱ガラス製品の生産をおこなっていた事業所だった.
20130316_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1313_DSC0403720130316_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1327_DSC04083
新しい小学校ができても,6年後にはその卒業生が中学校へ進学する. 最寄りの中学校は船橋市立海神中学校だったが,生徒の受け入れができず,現在は少し離れた船橋市立船橋中学校へ通学している. だが,これ以上の受け入れは困難な状態となっている. 船橋中学校だけでなく,海神中学校,行田中学校も生徒数激増で逼迫している状況となっているため,八方ふさがりの状態となっている. 中学校の新設も望まれる状況だが,小学校と保育園,そして中学校となると,旧AGCテクノグラス(株)中山工場跡地の半分以上を使ってしまうことになる. AGCは,中学校の新設は断ったようだ.
20140510_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_02020070518_船橋市行田1_旭テクノグラス_中山工場_2239
では,どこに中学校を建設するのだろうか...
.
船橋市は,新しい中学校を現行田中学校の隣のに並ぶように建設することにした. 高度成長期時代の千葉県内では,千葉市花見川で小学校と小学校,中学校と中学校が2校並んでいたこともある. さらに,幕張新都心には,幕張東高校,幕張西高校,幕張北高校が隣り合わせに設置(幕総の前身)され幕張三高高校団地とよばれていた.
20160201_船橋市行田3_仮称船橋市立行田北中学校_11220160201_船橋市行田3_仮称船橋市立行田北中学校_132
行田中学校のグランドは狭いこともあり,グランド拡張用として国家公務員行田宿舎用地が使えないか国に打診をしていた. 今回新設する中学校(行田北中学校か?)として,公務員宿舎地を払下げてもらう. 行田中学校を拡張して,新たな校舎を増築した方がより柔軟に対応できそうに思えるが,それではマンモス校になってしまう. 新設校の方が,国や県などからの交付金を得られやすいのだろう.
20130316_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1313_DSC0404020130316_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1314_DSC04044
新しい小学校(塚田南小学校か山手小学校だろうか?)と保育園は,旧AGCテクノグラス中山工場跡地(全体で7.2ha)にほぼ確定だが,建設する場所などは決まっていない. 船橋市は,学校配置のバランスからできるだけ南側の土地の割り当てを希望している.
20141025_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1131_DSC0408520141025_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1131_DSC04090
順調に手続きが進めば,2017年度には土地を取得できる. AGCテクノグラス中山工場跡地の土壌汚染対策を2019年までに完了する見込みで,この作業が終えないと学校建設ができない. 土壌汚染が想定以上に広がっている場合は,さらに遅れる可能性もある.
20150503_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1253_DSC00471T20150503_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1253_DSC00473T
現地の土地評価から,購入金額は 30億円‐35億円程度になると思われる. 船橋市立西海神小学校(千葉県船橋市海神5)の新校舎再建築費用約 13億7000万円(旧校舎の解体費用含まず)を参考にすると,同程度の建設費用がかかると考えられる. さらに,東武野田線と並行する道路の通学路も整備しなければならない. これにも,同程度の費用がかかる可能性もある.
20150503_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1254_C001603220150503_船橋市行田1_AGCテクノグラス_中山工場_1254_C0016036
2019年度から小学校保育園の建設を開始し,2021年(平成33年度)4月には開校(開園)する見込みとなっている. 新設中学校は,新設小学校の卒業生を受けいれるのが前提となることから,2026年度(平成38年度)開校を目標にしている.
.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2015年05月23日)船橋市山手地区再開発@日本建鐵のけんてつストア跡地開発(63)
(2015年05月19日)船橋市山手地区再開発@東武野田線新船橋駅高架橋下の商業施設(62)
(2014年02月09日)船橋市山手地区再開発@東武野田線新船橋駅高架橋下の商業施設(61)
(2014年06月08日)船橋市山手地区再開発@旧船橋総合病院の跡地(60)
(2014年05月14日)船橋市山手地区再開発@AGCテクノグラス中山工場跡地の再開発(59)
(2014年04月30日)船橋市山手地区再開発@ふなばし森のシティの塚田方面に向かう歩道が謎すぎる件(58)
(2013年11月02日)船橋市山手地区再開発@東武野田線新船橋駅の電光表示器(57)
(2013年11月02日)船橋市山手地区再開発@船橋総合病院の移転(56)
(2013年10月31日)船橋市山手地区再開発@プラウド船橋の引っ越し(55)
(2013年10月28日)船橋市山手地区再開発@旧船橋総合病院の跡地(54)
(2013年06月28日)船橋市山手地区再開発@旧船橋総合病院の跡地(53)