千葉県船橋市日の出1丁目に,船橋市立湊中学校がある. 戦後東京湾の埋め立てによって造成された土地に建てられた学校だ.
▼千葉県船橋市日の出1丁目の船橋市立湊中学校旧校舎(2011年4月2日時点).
20110402_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_被害_1133_DSC0037620130714_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_1245_DSC08164
湊中学校は,船橋市立船橋中学校から分離独立する形で1961年(昭和36年)に開校した. 開校当時は,1年生と2年生のみで生徒数は 527名,12学級だった.
▼千葉県船橋市日の出1丁目の船橋市立湊中学校(2013年7月14日時点).
20130714_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_1248_DSC0818720130714_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_1247_DSC08177
近くの船橋ヘルスセンターの温泉のくみ上げやガス田の地下水(水に溶けたガス)のくみ上げにより地盤沈下が著しく,防潮堤のかさ上げ工事を1969年(昭和44年)におこなっている.
20130714_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_1249_DSC0819420130714_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_1250_DSC08195
地盤沈下のため,船橋市湊町や宮本の一部は,海水面よりも土地が低い海抜ゼロメートル地帯となっている. 東京都の江東区,足立区,江戸川区,墨田区,葛飾区あたりも,地下水の過剰なくみ上げにより海抜ゼロメートル地帯となっている.
20130714_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_1247_DSC0818020130714_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_1248_DSC08186
船橋市は非常事態宣言をだして対策を始めるが,地盤沈下はおさまらず,1971 年に地下水(温泉)のくみ上げを全面禁止にした.
▼千葉県船橋市日の出1丁目の船橋市立湊中学校(2013年8月11日時点).
20130811_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_0929_DSC0537020130811_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_0929_DSC05371
結局,沸かし湯となってしまった船橋ヘルスセンターから客は離れ,夏のプールのみの営業となる. 最終的には,廃業に追い込まれる.
20130811_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_0926_DSC0536820130811_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_0926_DSC05367
東北地方太平洋沖地震以前,内閣府の中央防災会議は長く「東京湾は‎地震による津波は無視できる」としてきた.
▼千葉県船橋市日の出1丁目の船橋市立湊中学校(2013年9月1日時点).
20130901_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1400_DSC0861120130901_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1400_DSC08621
だが,2011年3月11日の太平洋三陸沖を震源として発生した東北地方太平洋沖地震で,船橋で 2.6m の津波が押しよせた. さいわい,台風などの高潮対策用防潮堤によって,浸水などの被害はほとんどなかった. 中央防災会議の想定は,東北地方太平洋沖地震以前から,根拠もなく想定が甘すぎるという批判があった.
20131027_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_1214_DSC0533120131027_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_建替_1214_DSC05328T
だが,船橋市立湊中学校周辺の海抜は,過去の地盤沈下により 1.6m-1.7m 程度しかない. 今後必ず来ると予測されている南海トラフ巨大地震では,東北地方太平洋沖地震を超える津波になるとされている.
▼千葉県船橋市日の出1丁目の船橋市立湊中学校(2015年4月18日時点).
20150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1245_DSC00557T20150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1245_DSC00554
古文書など記録に残る国内最大級の地震とされているのが,1707年(江戸時代)10月4日昼すぎに起きた宝永地震(推定 M9.1-M9.3)だ. 震源域の長さは 700km 以上(東北地方太平洋沖地震は 500km)にもなったとされ,複数の地震が連動して発生する3連動地震または4連動地震であったとされている.
20150814_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1430_DSC0410220150814_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1430_DSC04101
内閣府の中央防災会議と防災対策推進検討会議メンバーによるワーキンググループが,2013年5月にまとめた南海トラフの巨大地震モデル検討会では,今後30年以内に 60%-70% の確率で,南海トラフ軸にそって東側が駿河湾から,南西側は九州宮崎県沖合の日向灘までの,東海地震-東南海地震-南海地震がほぼ同時に起きる3連動地震(M8.86相当)と想定した...

20150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1005_DSC0971120150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1008_DSC09713
この想定モデルを前提に,東京都が津波シミュレーションした結果,新島 30.16m, 大島 15.76m, 東京湾内の江東区 2.48m の高さとなった.
20150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1008_DSC0971620150814_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1431_DSC04120
また千葉県のシミュレーションでも,館山市 9.3m, 銚子市 7.2m, 東京湾内の千葉市中央区 2.9m, 船橋市 2.5m,市川市 2.4m となっている.
20150814_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1432_DSC0412820150814_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1432_DSC04129
防潮堤が地震による損壊がおきていないという前提でも,現在の高潮対策用の防潮堤の基準を超えている.
20150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1008_DSC0972120150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1009_DSC09731
今回の地震モデルは,3連動地震としているが,4連動地震,5連動地震になれば,津波はさらに複雑に重なり合い,もっと高くなる可能性もある.
20150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1009_DSC0973220150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1009_DSC09725
現在の防潮堤の構造は,引き波に弱いことは東北地方太平洋沖地震で実証された. 最初に防潮堤を超えた海水が戻るときに,海水と一緒に防潮堤が海側に倒れてしまうのだ.
20150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1009_DSC0972620151121_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1131_DSC08241
一か所でも防潮堤が決壊すれば,広範囲な浸水は免れない. 重ねて停電や燃料が供給されなければ排水もできない.
20150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1009_DSC0973620150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1008_DSC09720
船橋市立湊中学校周辺には,地域住民が避難できる高台が少ない. 一度浸水してしまうと,数日間動けないことも考えられる. そような地域の特性を配慮し,津波対策をした船橋市立湊中学校の新校舎が2015年3月に完成した.
20150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1009_DSC0972920150418_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1009_DSC09730
特徴としては,1階部分を大きな吹き放しにした,ピロティ構造とした. 教室などは,2階以上になる. 船橋市内の公立学校では初めての構造だ. 鉄筋コンクリート地上5階建ての屋上(約20m)には,面積 510m2 の太陽光発電パネルが設置され,自力で電力の供給ができる. 暖房や炊事は難しいが,LED照明や通信機器の稼働には十分な電力だ.
20150814_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1431_DSC04108T20150814_船橋市日の出1_船橋市立湊中学校_1431_DSC04109
普通教室2部屋分の多目的スペースを5階フロアに確保し,地域住民の避難を受け入れ,宿泊ができる居住空間となる. この新しい校舎の総事業費として,旧校舎の解体費を含め約18億4000万円を投入した.

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2015年06月20日)災害は防げるのか@船橋市立市場小学校の災害用井戸(25)
(2015年06月19日)災害は防げるのか@船橋市立前原小学校の災害用井戸(24)
(2015年03月13日)災害は防げるのか@宮城県南三陸町防災対策庁舎の悲劇(23)
(2015年03月12日)災害は防げるのか@宮城県南三陸町の復興ツーリズム(22)
(2015年01月24日)災害は防げるのか@コスモ石油の大爆発とチェーンメールの真実(21)
(2014年02月22日)災害は防げるのか@東北地方太平洋沖地震の前兆と予測編(20)
(2014年02月22日)災害は防げるのか@宮城県石巻市立大川小学校の大津波災害の真実とは(19)
(2013年10月26日)災害は防げるのか@船橋市本町通りの緊急警報システム(18)
(2013年08月13日)災害は防げるのか@船橋市立湊中学校の改築(17)
(2013年06月08日)災害は防げるのか@JR総武線船橋駅近くの高架橋耐震補強工事(16)
(2013年03月10日)災害は防げるのか@千葉市美浜区の液状化(15)
(2013年01月19日)災害は防げるのか@東京都江東区新豊洲変電所(14)