京成八幡駅(やわたえき)からJR本八幡駅にかけての地域の市川市本八幡駅北口再開発事業(2006年3月事業計画認可)が,A地区の再開発を最後に2015年8月末で完了した. 準備組合設立(1991年8月)から,24年もかかった.
▼2014年12月27日ごろの商業棟.
20141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1548_DSC0364920141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1549_DSC03656
市川京成百貨店(リブレ京成)などがあった約 1.4ha のA地区は,再開発の地区の中でも最大規模のプロジェクトとなっている.
20141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1548_DSC0364720141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1548_DSC03648
すでにA-1地区は2013年7月に完成し,京成電鉄本社ビル(業務棟)と地上40階の超高層マンショングランドターミナルタワー本八幡(住宅棟/465戸),駅前中央広場(600m2)が完成している.
20141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1544_DSC0362120141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1544_DSC03623
2013年9月末には,新しい広場を利用して町開きセレモニーが行われ,A地区の街区全体の正式名称はターミナルシティー本八幡と命名された.
20141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1547_DSC0364220141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1547_DSC03640
京成八幡駅から徒歩30秒の京成電鉄本社ビル(地上7階地下1階/延床面積 1万3141.61m2)には,京成バスなどのグループ会社も含め約400人の社員が業務をおこなっている.
20141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1547_DSC0364320141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1546_DSC03634
東京墨田区押上にあった旧本社ビルからの移転となり,2013年9月17日(火)から業務を開始している.
20141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1545_DSC0362720141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1545_DSC03626
押上の旧本社跡地は賃貸され,スーパーマーケットのライフとビジネスホテルになる.
20141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1545_DSC0362920141227_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1546_DSC03631
最後の再開発となったA-2地区商業棟は,2013年12月に本格着工され,2015年9月に引渡しされている.
▼2015年5月4日ごろの商業棟.
20150504_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_0959_DSC0343420150504_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_0959_DSC03431
A-2地区商業棟は,アイビス(ib's)と命名された.
20150504_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_0959_DSC0343120150504_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_0959_DSC03435
商業棟アイビス(ib's)の運営は,JR本八幡駅前のダイエー市川店がテナントと入っているビルの運営をしている(株)市川ビルがおこなう.
▼2015年10月24日ごろの商業棟.
20150504_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_0959_DSC0343220151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1201_DSC04504
A-2地区(約1.4ha)の終了で,市川市本八幡駅北口再開発全面積約 8ha が完了した.
20151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1202_DSC0451020151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1203_DSC04522
首都圏近郊の高齢者(65 歳以上)は,2025年に約143万人と想定され,今後14年間で約40万人も急増する.
20151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1203_DSC0452120151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1203_DSC04528
首都圏近郊の高齢化率(高齢者人口/総人口×100)は約 27%,首都圏近郊外では約 36%と3人に1人が高齢者となる.
20151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1203_DSC0452920151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1203_DSC04524
今後の少子化や高齢化を踏まえ,公共交通が充実されている駅徒歩圏内に,医療施設や福祉施設,子育て支援施設,商業施設などを集約することによって,全ての世代で暮らしやすい都市へ変化させていかなければならない. すでに,本八幡地区周辺は,市川市役所,中央図書館,市民会館,文化会館などのさまざまな公共施設が集まっている.
20151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1158_DSC0446520151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1159_DSC04476
今までの都市計画は,限りなく人口増加をすることを前提としてきたが,今後は人口減少,高齢化,防災性の向上を考慮した都市計画が必要となってくる.
20151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1158_DSC0446720151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1158_DSC04471
このような背景から,千葉県は都市計画の基本方針を見直し,2014年度に改定した.
20151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1159_DSC0447220151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1159_DSC04475
この基本方針の改定によって,市川市や船橋市,習志野市など,首都圏近郊都市の都市計画を改定している.
20151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1202_DSC0451420151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1202_DSC04520
市川市の本八幡地域においては,市川市本八幡駅北口再開発事業が2015年9月に終了したばかりだが,新たな再開発をおこなう...
.
▼ターミナルシティ本八幡の京成八幡駅側にできた地下駐輪場.
20151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1200_DSC0449420151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡_1200_DSC04495
▼ターミナルシティ本八幡地下駐輪場は,2015 年10月1日(木)より利用開始された. ▼定期利用のみで,1カ月 2160円となる.
20151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡異様駐輪場_2054_00021502120151024_市川市八幡3_ターミナルシティ本八幡駐輪場_2054_000215025
今後再開するのは,東西に走る京成本線とJR総武線の間の通称八幡中央通り(千葉県道市川柏線)沿いとなり,すでに再開発促進地区に指定されている. ここは,およそ10年以内に開発すべき地区となる.
20141101_千葉県_市川市都市計画_八幡中央通りからJR本八幡駅北口ロータリーまでの道路の東側_01220151024_市川市八幡2の一部の地区_016
また,京成本線北側の市川市立八幡小学校を中心とした三角地域となる. ここは,再開発誘導地域となり,およそ20年以内再開発すべき地区となる.
20141101_千葉県_市川市都市計画_市川市立八幡小学校を中心とした三角地域_022
さらに,国道14号と京成本線までの間で,東西が通称八幡中央通りから八幡神社参道までの八幡2丁目,3丁目,4丁目の一部約 1.5ha についても,再開発促進地区に編入するよう千葉県に申し入れをする. 2016年度中に再開発促進地区へ編入し,補助金などの活用が可能な法定再開発事業として千葉県に都市計画手続をする.
5haの地区_012
これらの再開発により,東西に走る国道14号と南北に走る通称八幡中央通り(千葉県道市川柏線)の拡幅もおこなう.


人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2015年11月06日)市川市本八幡駅北口再開発@A地区商業棟(3)
(2015年06月30日)事件事故2015@京成八幡駅前の事故(16)
(2013年08月07日)市川市本八幡駅北口再開発@A地区グランドターミナルタワー本八幡(2)
(2013年08月06日)市川市本八幡駅北口再開発@A地区京成電鉄本社ビル(1)
(2012年11月11日)京成本線の連続立体交差化計画@市川市(2)
(2010年03月25日)メガドンキホーテ本八幡店2010年3月31日オープン@市川市長崎屋本八幡店
(2009年06月06日)京成本線の連続立体交差化計画@市川市(1)
(2009年04月12日)街で見つけた変なもの@JR本八幡駅北口・2つの郵便ポスト編(273)
(2005年11月10日)ラーメンなりたけ@市川市本八幡