千葉県内の市立高校(都市立高校という)は,都市部を中心に船橋市立船橋高校(1957年設立),習志野市立習志野高校(1957年設立),松戸市立松戸高校(1975年設立),柏市立柏高校(1978年設立),千葉市立稲毛高校(1978年設立),千葉市立千葉高校(1959年設立),銚子市立銚子高校(1948年設立)の6校ある.
▼千葉県松戸市紙敷2丁目の松戸市立松戸高校.
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1400_DSC0093220150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1400_DSC00933
今や日本の高校への進学率は,1974年(昭和49年)に 90% を超え,近年では通信制を含めた進学率 は 98.0%(全日制のみで 94.1%) を超えている. アメリカが 90.3%, フランス 87.3%, ドイツ 85.8%, イギリス 78.0% と,主要先進国と比べても高い進学率となっている.
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1009_DSC0075720150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1008_DSC00749
また,高校卒業者の大学(短大)への進学率は 54.8%,専修学校各種学校などへの進学率は 22.9% になっている. 千葉県の公立高校には,県立市立(都市立高校)があるが,この違いはどうして生じたのだろうか.
松戸市立松戸高校の桜爛祭(おうらんさい).
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1400_DSC0093620150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1011_DSC00765
かつての中等教育(中学+高校教育)は,男子が比較的早期に整備されてたが,女子の教育は遅れていた. 第一次世界大戦後,女子に対する教育要望が高まり,各地の市町村が独自で市立実践女学校などを設立する. 千葉県立国府台高校も市川市立国府台高校,千葉県立千葉東高校は千葉市立高等女学校だった.
▼市立松戸高校内の茶室(桂風閣).
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1359_DSC0093120150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1012_DSC00768
第二次世界大戦後の1947年(昭和22年)に学校教育法が公布され,現在の教育の学校体系の基本ができる. 国公立学校の小中学校(義務教育学校)は市町村,高校は都道府県,大学は国が設置者となることが基本となる.
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1356_DSC0092020150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1356_DSC00918
学校施設や人件費など費用は設置者が負担するため,戦前に市町村が設置した高校(家政や商業,農業などの実業教育が多い)の多くは,財政上の問題から県へ移管される. その後,戦後のベビーブームに生まれた団塊の世代が中学を卒業する1962年(昭和37年)ごろから高校への進学者数が急増する.
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1012_DSC0077020150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1012_DSC00771
中学卒業者の高校進学者数は 50% を超え,高校定員数が追いつかず大量の中学浪人が生まれ社会問題化する. このころ,千葉県立高校が各地でつぎつぎに建設されるが,建設場所は千葉県の適正設置基準で決定されるため,学校が建設できる土地があっても市町村が望む場所に建設されるとは限らない.
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1356_DSC0092320150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1355_DSC00917
このような時代に,東京都のベットタウンとなる都市部の船橋市や松戸市,習志野市,千葉市などの自治体は,小中学校の建設できびしい財政の中,独自で市立高校を新設する. 当時は,そのほとんどの市立高校は,市内在住の市民しか入学ができなかった.
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1018_DSC0078320150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1017_DSC00782
しかし,時代は変わり,人口増加から人口減少に転じている. 千葉県は2002年(平成14年)に,千葉県立高校再編計画を定め,人口の増減に合わせた高校配置の適正化と新しい高校づくりに取り組んでいる.
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1019_DSC0079020150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1019_DSC00791
第1期として,女子高校の共学化(松戸女子高校など)の他,幕張総合高校と若葉看護高校の統合,市川工業高校と葛南工業高校(定時制)の統合などをおこなった.第2期としては,柏西高校と柏北高校の統合して柏北高校(柏西高校舎を使用し柏北高校の事実上の廃校),流山中央高校と流山東高校の統合をおこない流山おおたかの森高校などとなった.
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1015_DSC0077220150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1015_DSC00776
さらに,第3期として,船橋西高校と船橋旭高校の統合して船橋啓明高校(船橋西高校の校舎を使用し船橋旭高校の廃校),市川西高校と市川北高校の統合して市川昴高校(市川西高校の校舎を使用し市川北高校の廃校),松戸秋山高校と松戸矢切高校の統合して松戸向陽高等学校(松戸秋山高校の校舎を使用し松戸秋山高校の廃校)などとなった. では,近ミライの市立高校は,どうなるのだろうか...
.
高校の整理縮小淘汰の時代に入り,市立高校(都市立高校)も安泰ではない.
20150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1016_DSC0077920150927_千葉県_松戸市立松戸高校_桜爛祭_1018_DSC00786
少子化の流れの中,当初の市立高校設立の目的は失い,教育的重要性を失う. 県立高校と差別化ができない場合は,市立高校は県立高校へ移管され,近くの県立高校と統合しどちらかが廃校となるであろう. たとえば,習志野市立習志野高校は千葉県立実籾高校との統合,松戸市立松戸高校は千葉県立松戸馬橋高校との統合などだ(近未来の想定で実際にはそのような構想はない). 船橋市立船橋高校の場合,深刻な中学校不足から中高一貫学校として生き残る道があるかもしれない.

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2015年06月19日)教育新時代@幼稚園や保育園ではなぜ親子遠足を行うのか(49)
(2015年06月29日)教育新時代@市川市東国分の黄色い塔とは(48)
(2015年06月29日)教育新時代@小中一貫校の市川市立塩浜学園が開校(47)
(2015年06月28日)チャレンジングSHIRASE2015@船橋市高瀬(1)
(2015年06月17日)教育新時代@船橋市立若松中学校にランチルームを建設(46)
(2015年05月30日)教育新時代@なぜ春の運動会が多くなっているのか(45)
(2015年05月26日)音楽とともに@マリンフェスタinFUNABASHIの音楽イベント(68)
(2015年03月18日)教育新時代@河合塾津田沼校のサクラの名前とは(44)
(2015年02月07日)教育新時代@船橋市市場の船橋小学校仮校舎は解体(43)
(2015年02月07日)教育新時代@日本大学生産工学部の公用車(41)
(2015年02月04日)教育新時代@幕張新都心神田外語大学アジアン食堂にあるもの(40)