サラリーマンの平均小遣い額は,1991年に月額7万6000円(昼食代も含む)だったものが,2005年には約 4万円となり,2013年には 3万8457円と,1991年のほぼ半分となっている. また,子どものいる家庭では,「夫がフルタイム,妻がパートタイム」の夫婦が多いが,特に若年層においては共働き率が上昇し続けている. 最近においては,「妻がパートタイム,夫もパートタイム」といった夫婦も増えている.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1443_DSC0417220150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1443_DSC04175
益ます生活が苦しくなるばかりだが,時間がない共働き家庭にとって,手間がかからず長期間保存できる冷凍食品は今や無くてはならない存在となっている. 電子レンジで解凍するだけで食べられる冷凍食品は,忙しい家庭には魅力的だ. 生鮮野菜などの買い物ができる時間に帰宅できない場合もあるため,ネットスーパーや生協での食品購入も増えている.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1443_DSC0418720150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1443_DSC04189
冷凍食品メーカーのシェアランキングを見ると,1位:ニチレイ(日本冷蔵),2位:マルハニチロHD,3位:テーブルマーク,4位:味の素冷凍食品,5位:日本水産となっている. その冷凍食品大手のニチレイ≪2871.T1≫の冷凍食品部門が,千葉県船橋市のニチレイフーズ船橋工場(船橋市日の出2丁目と船橋市高瀬町)だ.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1445_DSC0421420150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1445_DSC04215
ニチレイフーズは,1961年(昭和36年)に設立され,日本冷蔵(株)船橋食品工場として魚肉ハム,ソーセージなど非冷凍食品の生産から始まった. 1972年から本格的な冷凍食品工場としてシュウマイやギョウザの生産を開始. 1988年には工場を増設し米飯類の生産を開始する. 現在船橋第1工場は,米飯(チャーハンなど) 6ライン,焼きおにぎり 1ライン,船橋第2工場(2014年稼働)は,ハンバーグ 1ライン,フライ 1ライン,シュウマイ 1ラインとなり,年間 5万3000t もの冷凍食品を生産する工場となっている.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1444_DSC0420620150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1445_DSC04209
このように,冷凍食品の売り上げが増加する中,ニチレイグループは冷凍食品事業に積極的な投資を続けている. 米飯ラインの増設に29億円を投資,千葉県船橋市高瀬町の食品コンビナート内の船橋第2工場の新設に 62億円を投資した.
20150524_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_01220150524_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_020
さらに,船橋第1工場内に巨大な施設を建設している...
.
▼2015年5月24日ごろのニチレイフーズ船橋工場の建設状況.
20150524_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_0935_DSC0649920150524_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_0935_DSC06500
(株)ニチレイの 100%出資の(株)ロジスティクスネットワーク(通称,ロジネット/旧(株)日本低温流通)が,千葉県船橋市日の出2丁目の船橋工場内に船橋物流センター(船橋DC)を38億円を投資して建て替えをしている. 佐川急便千葉クールセンター(第2船橋物流センター)だった施設の跡地になる.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1452_DSC0426520150815_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_0247_162
船橋物流センターは,敷地面積 4万7030.97m2 に,建築面積 4780.76m2,鉄筋コンクリート造り地上5階建てで,総延床面積は 1万6078.38m2 にもなる. 設計者と施工は,戸田建設(株)がおこなっている. 2014年11月1日に着工し,2015年10月末には完成する見込みだ.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1446_DSC0422720150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1448_DSC04233
今,千葉県船橋市や市川市地区では,大型物流施設の建設ラッシュとなっている. 海老川河口を挟んだ反対側(船橋オートレース場の北側)には,三井不動産が地上8階建て(高さ 59.9m)のロジスティクスパーク船橋(MFLP船橋)を2016年08月末完成予定で建設している. この物流施設はマルチテナント型の大型物流施設で,トラックが8階まで自走で登れる構造(自走式)となる. 総延床面積は約16万7682m2にもなる. 設計者と施工は,大林組(株)がおこなっている.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1448_DSC0423520150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1449_DSC04239
ネット通販が急激に伸びていること,外かん道路(通称,外かん)が2015年度中に開通することが背景にある. 外かんが完成するれば,船橋市や市川市から東関東自動車道もしくは国道357号から(仮称)高谷ジャンクション(市川ジャンクション)に接続し,三郷方面との交通の便が飛躍的に上がる. 三郷ジャンクションから常磐自動車道,川口ジャンクションから東北自動車道,大泉ジャンクションから関越自動車道と接続する.

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年05月16日)ニチレイフーズの冷凍食品工場@船橋市高瀬町京葉食品コンビナート
(2013年06月15日)フードバーゲン2013初夏@船橋市高瀬町京葉食品コンビナート
(2012年06月15日)フードバーゲン2012初夏@船橋市高瀬町京葉食品コンビナート