京成電鉄本線京成大久保駅近くに,老舗スーパーのマルトヨ大久保店(習志野市本大久保1丁目)があった. だが,2013年1月30日をもって営業40年の幕を閉じた. マルトヨ大久保店内には,鮮魚専門の丸豊,精肉専門の鎌倉肉の大成(アドベントカンパニー),青果専門の大東青果(2011年出店)があった. 特に,鮮魚の評価は高かった.
習志野市本大久保のアコレ本大久保1丁目.
20131109_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1259_DSC0817920131214_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1153_DSC03329
道路を挟んだ向かいには,ダイエー系中型スーパーのマルエツ大久保駅前店があり,圧倒的な物量と価格差に完敗した.
20131214_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1152_DSC0332120131214_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1152_DSC03323
その跡地に,2013年10月3日(木)にオープンしたのがアコレ本大久保1丁目(習志野市本大久保1丁目)だ. アコレはイオングループのイオンリテールが展開する小型スーパーマーケット(スーパー)となっている.
20131214_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1152_DSC0332520131214_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1152_DSC03327
イオンは,大型総合スーパーのイオンスタイルストア(旧,ジャスコ)とダイエー,中型スーパーのマックスバリュマルエツ,ベルク,コンビニエンスストアではミニストップまいばすけっとと展開している.
20131109_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1320_DSC0819320131109_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1318_DSC08184
だが,小型スーパー領域では,ピーコックストアつるかめなどを展開しているものの地域密着型の地元スーパーやドラックストアの領域を崩せていなかった. その小型スーパー領域に食い込むために戦略的につくられたスーパー店舗ブランドがイオンリテールが展開するアコレだ. アコレはディスカウントタイプのスーパーで,特売を設けず毎日が安売り(Everyday Low Price)のスーパーとなる. 基本的に,チラシや広告を出さない. 現在70店ほどの店舗を展開しているが,2016 年には250店にまで増やす計画を立てている.
20131109_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1300_DSC0818320131109_習志野市本大久保1_アコレ本大久保1丁目_1300_DSC08182
船橋駅にも,このスーパーアコレがオープンする...
.
場所は,2014年2月14日(金)で閉店していたつるかめシャポー船橋店跡地になる. 新店舗のアコレJR船橋店は,2014年2月24日(月)にオ-プンする.
20060604_船橋市本町7_つるかめJR船橋店_イオンエブリ_1517_DSC0395720060604_船橋市本町7_つるかめJR船橋店_イオンエブリ_1516_DSC03953
つるかめ(千葉ではフレックを買収)は,もともとはイギリスのスーパーマーケットチェーンのテスコジャパンの店だったが,2013年1月にイオンが株式の50%を取得して関連会社化し,社名をイオンエブリに変更していた.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2013年07月06日)スーパーマルトヨ大久保店は閉店@習志野市大久保(1)
(2013年06月08日)夏見台運動広場テニスコート跡地@船橋市夏見(5)
(2013年05月20日)夏見台運動広場テニスコート跡地@船橋市夏見(4)
(2013年04月14日)JR津田沼駅南口農地の再開発@奏の杜ショッピングセンター編(36)