オランダ家は,生まれも育ちも千葉の洋菓子チェーン店だ.
千葉県習志野市藤崎2丁目のオランダ家津田沼店.
20131214_習志野市藤崎2_オランダ家_1131_DSC03204T20131214_習志野市藤崎2_オランダ家_1131_DSC03208
1949年(昭和24年)10月に千葉市稲毛町に木村屋として,菓子とパンの製造と卸し業を開業したのが始まりだ.
20070527_習志野市藤崎2_オランダ家_1048_DSC0656820070527_習志野市藤崎2_オランダ家_1048_DSC06569
そして,1964年(昭和39年)5月,千葉市栄町にオランダ屋の名称で洋菓子の直売店を新設した.
20140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1028_DSC0217120140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1028_DSC02175
1987年(昭和62年)に,オランダ屋からオランダ家へと社名変更している. 「お菓子を囲んだ笑顔あふれる家族団らんのひと時」を願い社名変更したものだ.
20140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1028_DSC0217920140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1028_DSC02177
現在,千葉県内に51店舗を展開しているが,そのオランダ家の製造工場が千葉市美浜区新港にある. オランダ家新港工場(オランダ家新港第2工場)だ. その工場には,売店が併設している.
20140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1028_DSC0218020140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1028_DSC02181
殺風景な小さな店舗で,白衣を着た女性スタッフが販売している. 通常店舗よりも,少し安く買うことができる.
20140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1029_DSC0218620140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1029_DSC02187
人気なのが,ここでしか購入できないロールケーキの切れ端の販売だ...
.
切れ端といっても,形はよくないが味は同じだ. 土日にはすぐになくなる.
20140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_01020140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_022
ロールケーキの端が 3つ入ったものが150円だが,チューリプサブレが1枚(63円相当)つくので,実質上の価格は 87円となる. 午後に午前中に製造したものが残っている場合は 100円になることもある. 在庫があっても店頭に出ていないこともあるので,店員に聞いてみるのもよい.
20140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1032_DSC0219020140125_千葉市_オランダ家_新港第2工場売店_1032_DSC02191T
人気ブログランキングへ