1955年から1973年までの日本の実質経済成長率は年平均 10% を超え,高度経済成長時代となる. 家庭の収入も増え,クルマ保有台数も増えていく. だが,それに合わせて,交通事故死者数は1万6000人/年を超え,交通戦争と呼ばれるほどになっていた.
20150412_交通事故発生件数・死者数・負傷者数・車両保有台数_01020150312_年別シートベルト着用者率・自動車乗車中致死率の推移_030
その後,道路や歩道の整備など,交通事故対策の効果が出始めるが,1980年中盤から再び増加し第2次交通戦争となる. 警察庁では,携帯電話が普及し運転中携帯電話の使用が原因と分析している.
▼千葉県の事故要因. ▼夕方から夜に変わる時間帯の事故が多い.
20150311_千葉県警_交通事故_発生状況_01220150311_千葉県警_交通事故_時間帯別発生状況_014
近年の交通事故発生件数は,2004年に 95万2709件と過去最悪を記録したが,その後は10年連続で減少し,2014年は 57万3465件となっている.
▼ららぽーとTOKYO前道路の浜町交差点手前でおきた交通事故.
20150311_ららぽーとTOKYO前_浜町交差点_交通事故_2019_3102020150311_ららぽーとTOKYO前_浜町交差点_交通事故_2019_31060
アンチロックブレーキシステムやエアバッグの普及.衝撃を吸収するボディーの進化などのテクノロジの進化もあるが,シートベルト着用の徹底(義務化)や飲酒運転の撲滅(代行運転の利用)など,モラル向上などが減少の理由と思われる.
20150311_ららぽーとTOKYO前_浜町交差点_交通事故_2021_4102020150311_ららぽーとTOKYO前_浜町交差点_交通事故_2021_41030
都道府県別の交通事故件数(2013年)のワーストを見ると,(1).愛知(48,949), (2).大阪(46,110), (3).福岡(43,678), (4).東京(42,041), (5).静岡(35,224), (6).神奈川(33,847), (7).埼玉(33,280),(8). 兵庫(32,734),(9). 千葉(21,467), (10).群馬(17,682),と車や人が多い大都市部に集中している.
20150311_ららぽーとTOKYO前_浜町交差点_交通事故_2020_2401020150311_ららぽーとTOKYO前_浜町交差点_交通事故_2020_40020

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2015年02月03日)事件事故2015@京成本線大神宮下駅の鉄道人身事故(7)
(2015年01月22日)事件事故2015@群馬大学医学部附属病院のドクターX(6)
(2014年12月04日)事件事故2014@船橋駅南口前の冬ほたるミラージュ点灯式(5)
(2014年05月31日)事件事故2014@船橋市立宮本小学校西側付近で民家火災(4)
(2014年04月24日)事件事故2014@習志野市芝園京葉線高架橋下の火災件(3)
(2014年01月23日)事件事故2014@船橋千葉県立薬園台高校連続放火事件(2)
(2014年01月03日)事件事故2014@習志野市谷津の住宅3棟全焼(1)