正月には,しめ縄や門松,鏡餅などのが飾られる. しめ縄などの正月飾りは,内外の境界に引き渡すで,わざわいをもたらす神や不浄なものが内に入らないようにとの意味がこめられている.
20140103_正月飾り_しめ飾り_注連飾り_11020140103_正月飾り_しめ飾り_注連飾り_130
しめ飾りは神様を迎える家の門や玄関のドアなどに 12月13日-12月28日までに飾る. 12月29日は「苦待つ」といわれ縁起が悪い. 12月31日は「一夜飾り」といい神様に対して誠意がないとされる. どうしてもできなければ12月30日に飾る. とり払いは1月7日,鏡餅は1月11日にさげるというのが習わしだ. しめ飾りは,稲作文化と関連がある風習だと考えられている.
20140103_車_クルマ_正月飾り_01220140103_車_クルマ_正月飾り_022
クルマのフロントグリルやエンブレムにしめ飾りをしているの見かけるが,近年はあまり見うけられなくなっているようだ. 昔のように,外には付けないで,室内のダッシュボード上飾るケースも多い. オレンジの反射板に成田山と書かれたステッカーも,最近はほとんど見られない.
20140103_車_クルマ_正月飾り_04020140103_車_クルマ_正月飾り_030
そんな最近のしめ飾り事情だが,船橋市郷土資料館のこんなところにもしめ飾りが付けられた...
.
20140103_船橋市薬円台4_D51型蒸気機関車_1452_DSC0884820140103_船橋市薬円台4_D51型蒸気機関車_1452_DSC08849
船橋市薬円台4丁目の船橋市郷土資料館前に展示されている,蒸気機関車,しめ飾りが付けられている.
20140103_船橋市薬円台4_D51型蒸気機関車_1452_DSC0885520140103_船橋市薬円台4_D51型蒸気機関車_1452_DSC08854
D51型蒸気機関車は,全部で1115輌制作され,主に貨物列車に使用され,日本の産業発展をささえてきた.
20140103_船橋市薬円台4_D51型蒸気機関車_1451_DSC0884020140103_船橋市薬円台4_D51型蒸気機関車_1451_DSC08843
D51型蒸気機関車125号車は,1938年(昭和13年)7月日立製作所にて製造され,東京鉄道管理局新鶴見機関区に配属された. 全走行距離は 247万5048kmにもなり,地球を約62周したことになる.
20140103_船橋市薬円台4_D51型蒸気機関車_1452_DSC0884620140103_船橋市薬円台4_D51型蒸気機関車_1451_DSC08844T
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年01月05日)冬の風2013-2014@東船橋茂呂浅間神社の正月3日目の初詣編(41)
(2014年01月05日)冬の風2013-2014@船橋市前原御嶽神社正月3日目の初詣編(40)
(2014年01月05日)冬の風2013-2014@谷津丹生神社正月3日目の初詣編(39)
(2014年01月04日)冬の風2013-2014@津田沼菊田神社正月3日目の初詣編(38)
(2014年01月04日)冬の風2013-2014@船橋二宮神社のボックス編(37)
(2014年01月04日)冬の風2013-2014@船橋二宮神社正月3日目の初詣編(36)
(2014年01月03日)冬の風2013-2014@船橋大神宮の灯明台一般公開編(35)
(2014年01月03日)冬の風2013-2014@船橋大神宮正月3日目の初詣編(34)
(2014年01月02日)冬の風2013-2014@船橋ららぽーとTOKYO-BAYの初売り編(33)
(2014年01月01日)冬の風2013-2014@船橋ららぽーとTOKYO-BAYの初売り編(32)