2011年3月11日(金) 14:46,三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起きた.
20150311_東日本大震災_南三陸_津波_23020150311_東日本大震災_南三陸_津波_220
地震の規模を示すモーメントマグニチュードは 9.0. 日本国内観測史上最大,1900年からの観測の中で世界第4位の巨大地震だった.
20150311_東日本大震災_南三陸町志津川_津波_15020150311_東日本大震災_南三陸町志津川_津波_130
この地震による死者行方不明者数 1万8517人(2014年3月10日時点),建築物の全壊半壊は 40万0151戸にもなった.
20150311_東日本大震災_南三陸町志津川_津波_11020150311_東日本大震災_南三陸町伊里前湾_津波_090
三陸沖から遠く離れた関東地方でも大きく揺れ,千葉県震度 6弱, 東京都心で震度 5強を観測.
千葉県浦安市の液状化による被害.
20130313_浦安市舞浜_液状化_05220130313_浦安市舞浜_液状化_6f29b406
東京湾岸の,浦安市習志野市,船橋市などの埋め立て地で液状化がおき大きな被害が出た.
20130313_浦安市舞浜_液状化_0120130313_浦安市舞浜_液状化_eecdd41fT
地震が発生した日,千葉県市原市五井海岸でも大きな事故が起きた. コスモ石油千葉製油所の液化石油ガス(LNG)用364番タンクの支柱筋交いが多数破断. 大きなダメージを受けていたタンクに,15:15 におきた震度4の余震が直撃. 耐えきれなくなったタンクは倒壊した. 隣接する液化石油ガス(LPG)が充填されていたタンクが火災になり,大爆発し,巨大な火柱をつくった. 火柱は,遠く浦安市や東京都内からも見えた.
20110311_東日本大震災_市原市_コスモ石油工場_爆発_01020110311_東日本大震災_市原市_コスモ石油工場_爆発_052
タンクそのものは耐震構造となっていたが,当時364番タンクには質量の大きい水が入れられていた. タンクに水を入れていたのは,開放検査のための一時的なものだった. 耐震計算は,LPG を前提に計算していたもので,水が入った状態での地震を想定していなかった.
20130111_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_2246_P3111944T20110311_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_20550186_p2
タンクが倒壊した事により,配管が破断し3カ所からLPGが漏洩した. 配管が破断しても,緊急遮断弁が働いてLPG漏れを防ぐしくみとなっていた. だが,この緊急遮断弁を動作させるための圧縮空気の配管に漏れがあったため,緊急遮断弁を作動させることができなかった. 結果,LPGが大量にもれ,大火災となってしまった.
20110311_東日本大震災_市原市_コスモ石油工場_爆発_02420110311_東日本大震災_市原市_コスモ石油工場_爆発_572
この大爆発の爆風は凄まじく,隣りの丸善石油化学およびチッソ石油化学の構内でも火災が発生,近隣の車両や船舶,建屋のガラス窓を破損. 爆風や飛散物は,工業地域だけでなく居住地区まで吹き荒れ,窓ガラスやシャッター,スレート屋根などが破損した. 懸命な防消火活動を実施したものの,鎮火したのは 2011年3月21日 10:10 になってからだった.
20110311_東日本大震災_市原市_コスモ石油工場_爆発_21220110311_東日本大震災_市原市_コスモ石油工場_爆発_240
まだコスモ石油の火災が鎮火していないころ,千葉県を中心に発信源不明のメールの転送が相次いだ.
タイトル:『コスモ石油二次災害防止情報
本文:『千葉県市原市のコスモ石油で爆発があったそうです. その際空気中に有害物質が放出されたため,雨や雪などに紛れる恐れがあります. 外出の際は傘やカッパを常備し,肌を露出しないようにして下さい。』
20120929_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_0953_DSC04710T20120610_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_020
タイトル:『【拡散希望】千葉市近辺に在住の方!
本文:『コスモ石油の勤務の方からです. できるだけ多くの方々に伝えてください. 工場勤務の方から情報. 外出に注意して,肌を露出しないようにしてください! コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し,雨などといっしょに降るので外出の際は『傘』か『カッパ』などを持ち歩き,身体が雨に接触しないようにして下さい!! コピペなどして皆さんに知らせてください!! 多くの人に回してください!! ご協力よろしくお願いいたします。』
20111225_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_1705_57T20120610_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_030
どうも,2011年3月11日 18:43:40 のツイッター(Twitter)で,『【拡散希望】千葉市近辺に在住の方!』で始まる投稿が始まりだったようだ. これが,引用ツイート,改変ツイートされ,さらにケータイメールに改変され,連鎖(チェーン)メールされたものだった. これらの流言ツイターやチェーンメールの存在を,報道各社も把握しており,NHKなどでは『根拠のないチェーンメールが蔓延しており不安を増大させている』といった注意を促す放送もおこなわれた.
20120610_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_04020110311_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_21030188_p5
ツイターの発信元で集計すると,市原市や千葉市ではなく浦安市からのツイターが最も多かったことが分かっている. 市原市のコスモ石油で爆発事故なのに,なぜ何十キロも離れた浦安市だったのか. 千葉県浦安市の人口密度が高く平均年齢が若いことと. コスモ石油との間には東京湾しかなく,よく見えたこと. 浦安市全体の 85% が液状化に見舞われて水道が断たれたこと---などが複合して,より不安をあおったことがツイター数に現れたものと考えられる.
20110311_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_21030188_p320110311_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_21030188_p2
だが,このチェーンメールなどは,『悪質なデマではなく,本当だったのではないか』という説がある. 千葉県議会の総務防災委員会で,あることが明らかになっている...
.
20110311_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_21030188_p1T20130122_コンビナート_コスモ石油千葉製油所_爆発_012
千葉県議会は,コスモ石油千葉製油所の液化石油ガス(LPG)タンクの火災爆発にともない,千葉総務防災と総合企画水道の2常任委員会が2011年6月30日におこなわれた. この総務防災での報告で,コスモ石油千葉製油所隣りのチッソ石油化学五井製造所(2011年4月1日からJNC石油株式会社)に劣化ウラン(減損ウラン)保管施設があり,屋根が焼け落ちるなど延焼していたのだ.
20110311_東日本大震災_市原市_コスモ石油工場_爆発_29020110313_東日本大震災_市原市_コスモ石油工場_爆発_892
保管施設には,劣化ウラン 765kg,200Lケミカルドラム缶(ポリエチレン樹脂製の内筒を鋼製ドラムで外装した複合容器)が 33本保管されていた. 放射性物質が 0.3% 含まれていた. ただし,放射性物質の漏えいはなかったとしている.
20150115_鋼製ドラム缶_200L_01220150115_ケミカルドラム缶_二重構造_010
チッソ石油化は,1969年(昭和44年)に国の使用の許可を得て,劣化ウランを含む複合酸化物を触媒として合成ガス製造をしていた. 劣化ウランは,天然ウラン鉱石を精製する際に副産物として生成される. つまり,ウラン235を濃縮した後の残りで,ほとんどがアルミナとニッケルだが,二酸化ウラン238も含まれ,これが放射性物質となっている.
20150115_燐灰ウラン石_瀝青ウラン鉱_ペグマタイト_01020150115_燐灰ウラン石_瀝青ウラン鉱_りん銅ウラン鉱_020
放射線のリスクから,最近はモリブデン-ビスマス-鉄系,鉄-アンチモン-テルル系など,安全な複合酸化物の利用に転換しているため,劣化ウランはすでに使われていない. 使わないといっても,捨てるわけにもいかず,工場内で保管せざるをえない.
20150115_閃ウラン鉱_01220150115_閃ウラン鉱_020
劣化ウランは,全国に195カ所以上で保管されていて,関東圏では千葉袖ヶ浦の住友化学千葉工場(2132本),茨城のジェーシーオー東海事業所(8311本),埼玉の三菱マテリアル大宮総合整備センター(3万910本)にも大量に保管されている.
20150115_ウラン238_01020150115_ウラン238_042
あれだけの強い炎で何日も燃え続け,保管施設の屋根も燃え落ち,ほんとうに劣化ウランのドラム缶は大丈夫だったのだろうか. LPG の燃焼温度,1900度だが,二酸化ウランは700度でさらに酸化し,八酸化三ウラン(融点1150度/沸点は1300度)となる. 容器につかわれていた鉄の融点は1538度なので,微小な粒子になって空気中に漂ってもおかしくなかった.
20150115_千葉県_住友化学千葉工場_02020150115_千葉県_住友化学千葉工場_032
劣化ウラン保管倉庫はほぼ全焼し,ドラム缶を囲う鉄板は変形,コンクリートは変色していたものの,舞い上がることはなかった. 周辺小中学校などの放射線数値をみても,特別に高いということではないため放射性物質の漏えいはなかったといえるだろう.
20150115_イラク戦争_イラク軍戦車_劣化ウラン弾_汚染_01220150115_イラク戦争_戦車_080
劣化ウランは,対戦車用砲弾(劣化ウラン弾)として,1991年からの湾岸戦争のイラクで使われた. その他にも,ボスニア紛争コソボ紛争でも使われた. ウランの質量は大きく,鉄の2.5倍,鉛の1.7倍もある. コップ1杯の水は0.2kg だが,同じ容量の劣化ウランは 4kg にもなる. 同じ速度の砲弾でも,質量が大きいとより大きな運動エネルギーとして,戦車の分厚い鋼板に穴を開けることができる.
20150115_イラク戦争_劣化ウラン弾_戦車_01020150115_イラク戦争_劣化ウラン弾_戦車_022
劣化ウラン弾のウランの放射線量は低いため,人体への影響はない」と説明されてきたが,実際には多くの人に健康被害が出ていることが報告されている. ボスニア(ヘルツェゴビナ)に駐留していたスイス兵士が白血病で死亡(1998年)していた事から,バルカン半島で平和維持活動した全部隊に健康診断を受けるよう緊急指令を発令している.
20150115_イスラエル_劣化ウラン弾_01020150115_イラク戦争_劣化ウラン弾_戦車_112
イタリアでも8人が白血病で死亡,スペイン,チェコ,ポルトガルのバルカン帰還兵士の12人からも白血病などで死者が出ている. 記念にと拾った弾薬を持ち帰った兵士がかなりいたことがわかっている. スイスシュピーツの研究所が,コソボから持ち帰った弾薬を調査した結果,高濃度ウラン(ウラン235)が含まれていた. 一般イラク人の子どもにも,ガンの発生率や奇形児の出生率が高まっている. 劣化ウラン弾被爆が原因と考えられている.
20150115_イラク戦争_劣化ウラン弾_戦車_04220150115_イラク戦争_劣化ウラン弾_戦車_052
米国は,核兵器の製造で発生した劣化ウランの処分に困り,米国エネルギー省からただ同然で日本の民間に譲り渡したとされている. だが,国はどこに保管されているのかさえ最近まで把握していなかった. 上空800mにまであがった火柱の火災において,劣化ウランが無事だったのは奇跡的といってよい.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年02月22日)災害は防げるのか@東北地方太平洋沖地震の前兆と予測編(20)
(2014年02月22日)災害は防げるのか@宮城県石巻市立大川小学校の大津波災害の真実とは(19)
(2013年10月26日)災害は防げるのか@船橋市本町通りの緊急警報システム(18)
(2013年08月13日)災害は防げるのか@船橋市立湊中学校の改築(17)
(2013年06月08日)災害は防げるのか@JR総武線船橋駅近くの高架橋耐震補強工事(16)
(2013年03月10日)災害は防げるのか@千葉市美浜区の液状化(15)(2013年01月19日)災害は防げるのか@東京都江東区新豊洲変電所(14)
(2013年01月19日)災害は防げるのか@船橋市避難訓練コンサート(13)
(2012年11月19日)災害は防げるのか@東京湾の津波(12)
(2012年11月19日)災害は防げるのか@船橋ファミリータウンの幸せの黄色い旗(11)