ビビット2020-2014

Vivit 2020-2019-2018-2017-2015-2014

2020年10月

■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか

男の子は3歳と5歳,女の子は3歳と7歳に「七五三」のお祝いを行うのが,日本の年中行事だ。11月は「七五三」シーズンだが,土曜,日曜になると駅から「船橋大神宮(正式名,意富比神社)」へ向かう家族をよく見かける。その「船橋大神宮」の最寄り駅が京成本線の「大神宮下駅」だ。
20201111_1214_船橋大神宮下駅_改札口前_工事_DSC00111W
「船橋大神宮」から「大神宮下駅」までは,わずか徒歩2分となる。大神宮下駅」は,快速電車が通過する駅だが,1日の平均乗降人数 5,071人(2019年度)とかなり少ない。それでも,駅周辺にマンションが増えていることから10年前(2009年度)の乗降人数 3,916人と比較して約1.3倍にもなっている。
20201111_1212_七五三_船橋大神宮_意富比神社_DSC00103W
この「大神宮下駅」高架橋下に新しい施設の工事をおこなっている。いったい何の施設だろうか。
20201015_1234_船橋大神宮下駅_改札口前_工事_DSC00379W
続きを読む

■公園に咲く「ハナトラノオ(花虎の尾)」の花

船橋市の公園に「ハナトラノオ(花虎の尾)」の花が咲いている。
20200919_1311_ハナトラノオ_花虎の尾_カクトラノオ_DSC00782
別名,カクトラノオ(角虎の尾),ドバージニア・ラゴンヘッド(バージニアの竜の頭)ともいう。
20200919_1311_ハナトラノオ_花虎の尾_カクトラノオ_DSC00787W
なぜ,花の名前に「(トラ)」という花とは不釣り合いの不思議な名前がつくのか。虎の尻尾」に見立ててつけられているということのようだが,「虎の尾」の名がついた花ばなは多い。
20200919_1311_ハナトラノオ_花虎の尾_カクトラノオ_DSC00783W
オカトラノオ(岡虎の尾),ノジトラノオ(野路虎の尾),ヌマトラノオ(沼虎の尾),ヤナギトラノオ(柳虎の尾),ヒロハトラノオ(広葉虎の尾),ルリトラノオ(瑠璃虎の尾),ヒメトラノオ(姫虎の尾),ホソバヒメトラノオ(葉姫虎の尾)などだ。どう見ても「虎の尾」には関係なさそうなものもある。
20200919_1311_ハナトラノオ_花虎の尾_カクトラノオ_DSC00784W
ハナトラノオ(花虎の尾)」は,北アメリカ東部原産で大正時代に日本へ入ってきた。夏の暑さや乾燥に強く,非常に丈夫な花だ。手入れもほとんど必要なく育つ。
20200920_2000_ハナトラノオ_花虎の尾_草花_162W

■コロナ禍の中にJR京葉線東京駅の電光掲示板が最新の機器に更新

JR京葉線東京駅の,「電光掲示板(旅客案内表示装置)」が,最新の機器に更新された。
▼最新型の「フルカラー液晶ディスプレイ(LCD)式電光掲示板」。
20201103_1434_駅発車案内ディスプレイ_DSC00221W
京葉線のコンコースに設置されていた「電光掲示板」は,「発光ダイオード(LED)式電光掲示板」だったが,これが最新型の「フルカラー液晶ディスプレイ(LCD)式電光掲示板」に更新された。
▼旧型の「発光ダイオード(LED)式電光掲示板」。
20070809_2116_JR京葉線_人身事故_DSC00195W
新に設置された「液晶ディスプレイ(LCD)式電光掲示板」の機器では,75インチクラスの液晶ディスプレイを横に3枚つないだ構造となっている。
▼最新型の「フルカラー液晶ディスプレイ(LCD)式電光掲示板」。鮮明で分かりやすい。
20201005_1544_駅発車案内ディスプレイ_DSC00081W
液晶ディスプレイ式(LCD)方式電光掲示板」に更新されたことで,より精細で柔軟な表示ができるようになった。原理的には,ここに写真や動画を表示させることも可能だ。
20201005_1544_駅発車案内ディスプレイ_DSC00082W
新型「液晶ディスプレイ式(LCD)方式」は,民生用液晶ディスプレイ部品などを活用しているため,従来の「発光ダイオード式(LED)方式」よりもコストダウンにもなっていると思われる。
▼最新型では,各駅と快速,特急別に停車する駅は一目でわかる。
20201005_1544_駅発車案内ディスプレイ_DSC00082V
ただ,動く歩道に設置されている「電光掲示板」は,従来の「LED方式電光掲示板」は,そのままとなっている。設置された年度の違いによリ更新対象にならなかったと思われるが,ここの「電光掲示板」も数年内に更新されるものと思われる。
20201103_1432_駅発車案内ディスプレイ_DSC00212W
新しい電光掲示板では,日本後と英語の2カ国語には対応しているが,社内案内板では標準となっている中国語や韓国語には対応していない。
続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit

タグクラウド
ギャラリー
  • ■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか
  • ■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか
  • ■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか
  • ■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか
  • ■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか
  • ■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか
  • ■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか
  • ■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか
  • ■「大神宮下駅」の高架橋下には何が入るのか