一般的に,8月13日-8月16日までがお盆の期間だ. 都市部(東京など)の下町などでは,7月中旬におこなわれている地区もある.
20140813_お盆休み_夏季休暇_1350_DSC0108120140813_お盆休み_夏季休暇_1350_DSC01082
そのお盆の期間などに,仏壇にお供えをするのがくだものなどだ.
20140809_お盆_お供え物_五供_1315_DSC0019720140809_お盆_お供え物_五供_1315_DSC00198
この時期に,スーパーマーケットなどの野菜コーナーに並ぶのが,お供え用くだもの盛りかごだが,定番はリンゴやミカン,ブドウなどの丸いものが多い. 最近は,パナップルやキウイ,マンゴー,パパイヤなどの新しい果物も入っている.
20140809_お盆_お供え物_青バナナ_緑バナナ_1316_DSC0020420140809_お盆_お供え物_青バナナ_緑バナナ_1316_DSC00204T
特に,関東圏では青バナナ(プランテン)が並ぶ...
.
日本が輸入しているバナナの産地は,フィリピン,インドネシア,マレーシア産となり,未成熟の青い(緑)バナナを収穫して船で運ばれてくる.
20140809_お盆_お供え物_青バナナ_緑バナナ_1315_DSC0020220140809_お盆_お供え物_青バナナ_緑バナナ_1315_DSC00203
そして,日本でエチレンガスなどを使って室(ムロ)で熟成させてから出荷となる. お盆用のバナナは,この熟成をせずに出荷している. 長持ちをさせるためだ. 青バナナは,硬く渋すぎてそのままでは食べられない.
20140809_お盆_お供え物_青バナナ_緑バナナ_1315_DSC0020120140809_お盆_お供え物_青バナナ_緑バナナ_1315_DSC00200
自然に熟成するのを待つと,熟成する前に乾びてしまうこともある. 一般家庭ではエチレンガスが手に入らないが,リンゴと一緒に袋に入れておくと2日程度で成熟する. リンゴが成熟するにつれて,リンゴからエチレンガスを出すからだ.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年08月11日)夏の風2014@福島を元気にするチャリティコンサートin船橋編(42)
(2014年08月10日)夏の風2014@福島を元気にするチャリティコンサートin船橋編(41)
(2014年08月10日)夏の風2014@千葉県中学校演劇夏の発表会編(40)
(2014年08月07日)夏の風2014@船橋市浜町ファミリータウン祭りの盆踊り編(39)
(2014年08月06日)夏の風2014@幕張オクトーバーフェスト編(38)
(2014年08月05日)夏の風2014@習志野市制施行60周年記念市民花火大会<変わり花火>編(37)
(2014年08月04日)夏の風2014@習志野市制施行60周年記念市民花火大会<習志野市茜浜緑地会場>編(36)
(2014年08月04日)夏の風2014@習志野駐屯地納涼夏まつり<ステージイベント>編(35)
(2014年08月03日)夏の風2014@習志野駐屯地納涼夏まつり<子ども相撲>編(34)
(2014年08月03日)夏の風2014@習志野駐屯地納涼夏まつり<子ども広場>編(33)