日本のを代表する花のひとつがアサガオ(朝顔)だ. 7月初旬ごろから,各地で夏の風物詩の朝顔市朝顔祭りといったイベントが開かれる. 関東圏で有名な朝顔市は,東京台東区入谷朝顔市(JR山手線鶯谷駅)だろう.
20140705_習志野市谷津2_アサガオ_朝顔_1422_DSC0950120140705_習志野市谷津2_アサガオ_朝顔_1421_DSC09499T
約200軒もの露天が出て賑わい,約40万人が訪れる日本最大の朝顔市となっている. かつて,東京入谷付近で盛んにアサガオを栽培していたが,今は約7割が東京江戸川区産で,その他にも千葉県や埼玉県などでも生産されている.
20140705_習志野市谷津2_アサガオ_朝顔_1421_DSC0949520140705_習志野市谷津2_アサガオ_朝顔_1422_DSC09500
東京江戸川区でも,小岩あさがお市(JR総武線小岩駅南口)が7月中旬におこなわれている.
20140705_習志野市谷津2_アサガオ_朝顔_1421_DSC0949720140705_習志野市谷津2_アサガオ_朝顔_1422_DSC09503
小学校の生活科(理科社会科)では,1年生でアサガオ,3年生でヒマワリ,4年生でヘチマを育てることが多い. アサガオは,1年生でも育てやすく,夏休みの自由研究のテーマになることも多い.
20140705_習志野市谷津2_アサガオ_朝顔_1422_DSC0950420140705_習志野市谷津2_アサガオ_朝顔_1422_DSC09506
アサガオには,テーマになるようななぞも多い. たとえば,「なぜ朝に咲き午後にはしぼむのか?」,「ツルはなぜ左巻きなのか?」,「自家受粉を率先して行うのか?」などだ.

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年07月09日)夏の風2014@習志野市谷津納涼風物まつり<習志野市立谷津小学校パフォーマンス>編(4)
(2014年07月06日)夏の風2014@習志野市谷津納涼風物まつり編(3)
(2014年07月06日)夏の風2014@習志野市きくたこどもまつり編(2)
(2014年06月30日)夏の風2014@市川市行徳湊の水神祭り編(1)
(2014年06月20日)初夏の風2014@スーパービバホーム新習志野店前のアジサイ編(17)
(2014年06月17日)初夏の風2014@JR東船橋駅の幸福を運ぶツバメの巣編(16)
(2014年06月15日)初夏の風2014@ふなばし朝市船橋大神宮会場編(15)
(2014年06月14日)初夏の風2014@船橋市京葉食品コンビナートのフードバーゲンフェア編(14)
(2014年06月11日)初夏の風2014@船橋旧花輪車庫脇のバラ編(13)
(2014年06月06日)初夏の風2014@船橋市夏見に咲く夏の花編(13)
(2014年06月05日)初夏の風2014@JR南船橋駅コンコースの若松幼稚園の絵編(12)